2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ハーフガンダム

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

RX-78-2 1/2 ハーフガンダム(Half Gundam)[編集]

ティターンズの製造したモビルスーツガンダムを徹底解析し、そのデータをガンダムMk-IIの開発に反映させる事を目的としている。
地球連邦軍の各基地に残存していたRX-78系列機のパーツ(装甲も含まれる)と現役で運用されている機体のパーツで構成されていて、前者のパーツの含有率が52%とほぼ半分だった事からこの名が付いた。
外見はガンダムと酷似しているが、ツインアイの色が緑で胸部左側にセンサーが増設され、さらにコアブロックシステムがオミットされているといった違いがある。
各性能はマグネットコーティングが施された時のガンダムのデータをベースとしており、ほぼ同程度に調整されている。その為、現行の主力機であるジムIIよりも性能が低いという。

後の宇宙世紀0138時に見つかった「エドガー・エドモンド・スミスの日記」に本機が登場しており、実在するかどうかは賛否両論となっているらしい。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ゼータガンダム1/2
パイロットはカン・ウー
エドガー・エドモンド・スミスの乗るガンダムMk-IIと幾度と無く模擬戦を行っており、その度に自身にかかる多大な負担を省みず機体の性能を限界まで引き出す事で勝利している(ちなみにこれを見ていたジェリド・メサはカン・ウーが勝利している理由を「半分とはいえ、伝説の機体だから」と考えていたが、誤りである)。その後、バスク・オムの前で最後の模擬戦が行われ、カン・ウーがわざと引き金を引かず、エドガーに勝ちを譲った事で撃破されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
牽制・迎撃用の武装。口径は不明だが、恐らく60mmと思われる。
ライフル
模擬戦で使用されていた武装。ペイント弾を発射する。
ビームライフル
Mk-IIの物と同型の武装。最後の模擬戦で使用。
ビームサーベル
背部に2本マウントされている。

対決・名場面[編集]

ガンダムMk-II

関連機体[編集]

ガンダム
伝説の機体。ハーフガンダムはこの機体を解析する為に開発された。
ガンダムMk-II
解析データはこの機体の開発に役立てられている。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]