ゾーリン・ソール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾーリン・ソール
外国語表記 Zorin Soul
登場作品 ガイア・ギア
テンプレートを表示
スペック
分類
型式番号 RX-110
頭頂高 19.2m
全高 20.8m
本体重量 26.8t
全備重量 60.2t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,200kW
スラスター総推力 68,000kg
装甲材質 ガンダリウム・コンポジット
センサー有効半径 18,000m
開発組織
所属 メタトロン
主なパイロット
テンプレートを表示

概要 [編集]

ズィー・オーガニゼーション(後に改名されてメタトロン)が保有する試作型マン・マシーンモビルスーツ)。

第五世代モビルスーツの発展型で、アナハイム・エレクトロニクス社によって開発され、U.C.0110にロールアウトした。U.C.0200年代にマザー・メタトロンと合流後は、幾多もの改修を施され、メタトロンの戦力となった。

ミノフスキークラフトミノフスキー・バリアーを搭載しており、アフランシ・シャアはこの機能を使って、香港マハとの戦闘を生き延びている。

サイコミュ操作によるファンネル、ファンネル・ミサイルが搭載されているが、小説では使用される事はなかった。

細かい動作は正確だが、100年近く前の機体である為、若干動作が鈍い。またメタトロンの制式機種でない為、整備が不完全な状態で運用されていった。

登場作品と操縦者[編集]

ガイア・ギア (小説版)
初登場作品。書籍『月刊ニュータイプ』昭和62年11月号にモビルスーツ時の画稿が掲載されたのが初出。小説では第1巻第7章で初登場し、バァム・ゼーゲンからアフランシへと託された後、彼の搭乗機となる。後にマン・マシーンとしての改修が施されてからは状況に応じてジョー・スレンマドラス・カリアケラン・ミードが搭乗している。
サウンドシアター ガイア・ギア
第10話で初登場。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ミノフスキー・バリアー
機体を防御するバリアー。
敵のミノフスキー・クラフト搭載ヘリコプターからのミサイル攻撃を防御した。
ミノフスキークラフト
ミノフスキー粒子を利用し大気圏内を飛行する事が可能。
ドライヴ・ユニット
追加装備。これを装備する事で、瞬間的な運動性や巡航性能を向上させることができる。しかし、使用後の投棄が困難でありデッドウェイトとなってしまう。
サイコミュ・システム
サイコミュ兵器の運用を可能にするマン・マシン・インタフェース。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。
ビームライフル
一般的な射撃兵装。
ビームサーベル
一般的な格闘用兵装。
ロング・フィン・ファンネル
肩部と腰部に合計5基搭載されてる。航続距離の延長が計られている。
ファンネル・ミサイル
腰部周りに搭載されている。サイコミュによって無線誘導される特殊なミサイルであり、大気圏内でも問題なく使用可能。通常のファンネルと違ってビーム砲は内蔵されておらず、それ自体が相手に突撃して破壊する。
シールド
防御用としてよりゾーリン・ファンネルの充填用のラックとしての意味合いが強く、予備も無いため防御用としては使わない。
ゾーリン・ファンネル
シールドの裏に2基搭載されている。νガンダムのフィン・ファンネルを強化発展させたもの。プロペラントタンク兼ビーム発振誘導機能を持つ3枚のヒレ状のパーツと推進器およびエネルギーCAPで構成されており、使用時にヒレ状のパーツを展開した攻撃形態へと変形する。Iフィールドバリアーを発生させるサテライトとしての機能もあるが、ミノフスキーバリアーの存在もあり使用頻度は少ない。
Pak43A エレクトロ・ケミカルガン
貫通力の高いHEAT弾を超高速で発射する射撃兵装。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

Ξガンダム / ペーネロペー
本機は、これら第五世代モビルスーツの発展型である。

余談[編集]

  • グリプス戦争期の機体であるガブスレイと型式番号が重複しているが理由や詳細は不明である。

商品情報[編集]

CD[編集]

リンク[編集]