2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

エスピラル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

EMS-TC-S01 エスピラル(Espiral)[編集]

木星共和国が開発した試作型モビルスーツサウザンド・カスタムの1機で空中戦用となっているが、元々は宇宙用として造られていた。
コルニグスの機体コンセプトの簡略化と強化を目的としており、計6本のアームと本体をリング状のパーツで繋ぐという独特な構造を採用。このアームは全てがほとんど同型であり、ビーム砲と推進システムを内蔵している。リングの上をアームが適切な位置へと高速移動し、更に機体に搭載されたミノフスキークラフトと併用する事でファントムに匹敵する程の複雑で尚且つ高い機動力を与えつつ全方向への射撃を可能としている。
推進システムにはジェット推進を採用しているが、これは全アームに推進器を積んだせいで宇宙だと推進剤が足りなくなり、稼働時間が短縮されてしまうという問題を解決する為である。また加熱の問題もあるので、空冷式の冷却システムも採用されている。これらを併用したせいで本機は地球侵攻用の機体として判断される事となり、正式な開発認可が下りなかった。

ちなみに開発部は現在、当初の仕様通り宇宙でも運用可能とすべく技術的な問題を解決しようと試みているという。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
パイロットはディーヴァ・ダッダ
ジャブローにてフォント・ボートレス・マレスファントムと交戦し、相手が二人乗りという事もあって苦戦させる。しかし最後は弱点を突かれて撃破された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム砲
各アームに1門ずつ、計6門内蔵されている。
ビーム圧がかなり高く、6門を集中して発射した場合はファントムのIフィールドでも破れる可能性が高いとされる。その反面、推進器も同じアームに搭載されているせいで砲門を集中すると推力が偏向してしまう為、ほんの僅かだが機動力が落ちてしまうという欠点もある。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

キルジャルグカルメロ
地球侵攻用のサーカス機。
ラロファントムバイラリナデスフィズガラハドバンゾグレゴ
サウザンド・カスタムの機体群。
コルニグス
この機体のコンセプトを簡略化しつつ強化している。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]