ラロ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

EMS-TC01 ラロ(Lalo)[編集]

木星共和国が開発した試作型モビルスーツサウザンド・カスタムの1機で、玉乗りをするピエロのような姿をしている。
ザンスカール軍ゲドラフと同様にサポートマシンとの連携を前提としたコンセプトだが、本機は運動性の向上を目的としてMS・サポートマシン共に徹底的な小型化を図っている。MS本体は木星のSサイズフレームを使って造られ、球形のサポートマシン「ライドボール」を採用する事で機動性や速力も高まっており、同時期の他のMSを大きく凌ぐ。ライドボールはザンスカール軍のサポートマシン「アインラッド」と比較して質量は1/6以下であり、防御の指向性を強める事でビーム・ライフルの直撃をも無効化する程の防御力を得ている。だが、ザンスカール側の「アインラッドとビーム・シールドで全身を覆う事で敵からの攻撃を防ぐ」という手法とは違い、本機は常に「敵機が攻撃してくる方向にライドボールを向けて防御する」ようになっている為、それが実行できるだけの高い技量が求められる。
フェイスカバーは展開可能であり、そこから放熱を行う。

本機はサーカスの「盾」として設計されており、「矛」であるデスフィズとは力が伯仲しているとされる。

なお、本機は他のサーカスの機体とは異なり、量産も考慮されている。しかし、前述した要求技量の高さが仇となって量産化は実現しなかった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
パイロットはロナルド
月での戦闘でリガ・ミリティア宇宙海賊クロスボーン・バンガードと交戦するが、カーティス・ロスコクロスボーン・ガンダム ゴーストリア・シュラク隊が戦闘を始めると手出しせずに傍観に徹した。
マリア・シティでの戦闘でジャック・フライデイデスフィズと交戦して破壊に成功するものの、咄嗟にデスフィズ・モールに乗り換えていたジャックに油断した隙を突かれて撃破された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
本機の主兵装。上下対称の形をしており、銃口が縦に2門並んでいる。
ビーム・サーベル
ビーム・ライフルを上下に分離し、銃口からビーム刃を展開する。
ライドボールに設置されたスリットからもビーム刃を展開して攻撃可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ファントムバイラリナデスフィズガラハドバンゾグレゴキルジャルグカルメロエスピラル
サウザンド・カスタムの機体群。
バタラ・ハードローラー
鹵獲したライドボールを使っている。
ゲドラフ
同じコンセプトで開発されたザンスカール軍の機体。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]