キルジャルグ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
キルジャルグ
外国語表記 Kirjarugu
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
デザイナー
  • 長谷川裕一
  • みきとしゆき (原案)
テンプレートを表示
スペック
分類 地球侵攻用試作型可変モビルスーツ
型式番号 EMS-TC-G01
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星共和国
所属 木星共和国
主なパイロット アニマーレ・ベルヴァ
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

木星共和国が開発したサウザンド・カスタムの内、機体仕様が地球侵攻用と見なされ開発認可が下りなかった機体の1機。

どのような不整地であっても運動性能を落とさずに機動する事を目的に開発された地上用の機体であり、結果としてモビルスーツの人型、二足歩行に拘らず、脚部も腕部として使用する事で四足獣形態に変形出来るのが最大の特徴。この形態において10本のビーム・サーベルを集中させる事で高い攻撃力と防御力を正面に指向させる事に成功。また四肢を利用した急な方向転換から繰り出される急な方向転換から繰り出される体当たり攻撃を防ぐ事はほぼ不可能であり、「走る弾丸」とも形容される。

元々障害物の多い地形で使用する事を前提としていた為、長距離兵器を武装しないが、MS形態時の武装して電磁鞭のリーチでそれを補っている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
パイロットはアニマーレ・ベルヴァ
ジャブローにてザンスカール帝国ゲドラフを圧倒し、更にカーティス・ロスコクロスボーン・ガンダム ゴーストと交戦。その機動力に加え、森林という環境も味方した事でこれを翻弄したが、最後はカーティスの策によってジャブローの森林が伐採され、背後からガンダムを狙うように誘導された事で撃破された。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

変形
四足獣を思わせるモビルアーマー形態に変形可能。不整地での運用を想定し、腕部を第三・第四の脚部にした形態となっている。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ビーム・サーベル
首の周り(四足獣形態の鬣部分)に10基設置されたビーム・サーベル。モビルアーマー形態で使用され、高い攻撃力と防御力を特定方向に指向させる事が可能。
電撃鞭
携行式の鞭。MA形態時には尻尾となる。各節は磁力線によって延長でき、遠距離武器が無い本機の間合いの短さをある程度までカバーできる。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

カルメロ / エスピラル
地球侵攻用のサーカス機。
ラロ / ファントム / バイラリナ / デスフィズ / ガラハド / バンゾ / グレゴ
サウザンド・カスタムの機体群。

リンク[編集 | ソースを編集]