キルジャルグ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

EMS-TC-G01 キルジャルグ(Kirjarugu)[編集]

木星共和国が開発した試作型モビルスーツ
サウザンド・カスタムの1機で、ライオンのような四足獣型のモビルアーマー形態へと変形が可能な地上用の可変機である。これはあらゆる不整地において運動性を維持しつつ高い機動力を発揮させる事を目的として採用され、特に障害物が多数存在する場所において真価を発揮する。
首の周りには傘状のパーツが付いているが、これはビーム・サーベルの発生装置であり、MA形態時には鬣となる。なお、遠距離武器は一切装備していない。

本機を初めとする地球侵攻用のサーカス機は正式な開発認可が下りていない状態で造られている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
パイロットはアニマーレ・ベルヴァ
ジャブローにてカーティス・ロスコクロスボーン・ガンダム ゴーストと交戦し、その機動力で翻弄したが、最後はカーティスの策に嵌って撃破された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルアーマー形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・サーベル
首の周りに10基設置されている。
主にMA形態時に使用され、一つに収束する事で正面方向の敵機に対する高い攻撃力と防御力を持たせている。特に急激な方向転換を利用しての体当たり攻撃には防御手段がほとんど無いとされ、「走る弾丸」と形容される事もあると言う。
MS形態時でも使用可能かは不明。
電撃鞭
携行式の鞭。MA形態時には尻尾となる。
各節は磁力線によって延長でき、遠距離武器が無い本機の間合いの短さをある程度までカバーできる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

カルメロエスピラル
地球侵攻用のサーカス機。
ラロファントムバイラリナデスフィズガラハドバンゾグレゴ
サウザンド・カスタムの機体群。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]