デスフィズ・モール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デスフィズ・モール
外国語表記 Desphys Mole
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 地下基地攻略用試作型モビルスーツ
型式番号 EMS-TC04 Kai
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星共和国
所属 木星共和国クロスボーン・バンガード (蛇の足)
主なパイロット マーメイド・ヌブラード
ジャック・フライデイ
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

木星共和国が開発した試作型モビルスーツサーカスが残されていたデスフィズの予備パーツを組み上げ、改装を加えた上で完成させた機体である。

地下にある敵の基地を掘削して攻略する事を目的としており、両腕のビーム・ファングがビーム・ドリルへと変更されている。そのせいで両腕の機能性が低下しており(後述)、かなり使い勝手の悪い失敗作となっている。しかしそのデスフィズ譲りの性能から、接近戦では非常に強力な機体である事に変わりはない。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
パイロットはマーメイド・ヌブラードジャック・フライデイ
エンジェル・コールを奪取すべくザンスカール帝国の地下要塞を攻撃していたが、フォントの指示で現れたファントムによって邪魔される。そこをロナルドラロによってジャックのデスフィズごと破壊されそうになるが、咄嗟にジャックが本機に乗り換えた事で撃破に成功した。その直後のザンスカール軍との戦闘にも参加した後、マンサーナ・フロール内でデスフィズへと再改装されている。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ビーム・ドリル
本機の主兵装。両腕に8基ずつ、計16基の小型ビーム・クローを内蔵しており、ビーム・ファングと同じく使用時には回転させる(この状態でビーム・サーベルごと相手を破壊可能かどうかは不明)。クローはボールジョイントで接続されているので多少は角度をつける事が可能だが、以前よりも自由度は低下した。
各クローの1基ごとの出力は、ビーム・ファングに装備されていたビーム・サーベルよりも低い。ビーム・ローターとしての機能性も落ちてしまっているが、MSを一撃で撃破できる程度の威力は確保されている。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

デスフィズ
この機体の予備パーツから組み上げられた。

リンク[編集 | ソースを編集]