エプシィガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エプシィガンダム
外国語表記 EPSY-GUNDAM
登場作品 GUNDAM WARS PROJECT Ζ
デザイナー 永野護
テンプレートを表示
スペック
開発コード ε(イプシロン)ガンダム
分類 試作型モビルスーツ
頭頂高 22.00m
全高 32.20m
本体重量 125.0t
全備重量 155.0t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,340kW
スラスター総推力 155,500kg
装甲材質 ガンダリウム・γ(予定:ガンダリウム・ε)
センサー有効半径 27,600m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 アナハイム・エレクトロニクス社
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社リック・ディアスに次いで開発した試作型モビルスーツ。開発時のコードネームは「ε(イプシロン)ガンダム」、通称は「エプシィガンダム」。

本機は背部に核パルス推進システム「システム・ブラッサム」を搭載することを目的としている。リック・ディアスに採用されている「ガンダリウム・γ」では強度不足だったため、装甲材には新素材「ガンダリウム・ε」を採用する予定だった。この装甲材の名称が本機の名前の由来である。本機の開発計画は長期的であったが、エゥーゴは即戦力を求めていたため「システム・ブラッサム」以外の本体が別チームに回され、デルタガンダムとして再開発されることとなった。

本機の計画も進められていたが、宇宙世紀0087年にテストが失敗するとそこからの開発記録は途絶えている。

登場作品と操縦者[編集]

GUNDAM WARS PROJECT Ζ
出典元。
機動戦士Ζガンダム (小説版)
ガンダムMk-IIの小説版デザインとして登場。講談社版の表紙カバーには、第一部に本機の頭部、第二部に本機の全体像が描かれている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ブラッサム
本機に搭載された核パルス推進システム。これは木星船団公社やコロニーの移動等に使用される推進システムをMSサイズにまで小型化した物となっている。今までの装甲材ではセイル基部のフレームが強度不足だったため新たな装甲材を開発する予定だったが、完成したかは不明となっている。
作動時には強力な磁気が発生するためビームに対するバリアにもなる。

武装・必殺攻撃[編集]

105mmペンシルロック
頭部に4門装備されている。
ビーム・ライフル
Eパック方式のライフル。
ビーム・サーベル
格闘戦用のビーム兵装。
クレイ・バズーカ
敵機そのものの破壊ではなく内部メカの破損等を目的としており、様々な弾頭を発射できる実弾兵器。
シールド
耐ビームコーティングが施されている伸縮可能なシールド。
88mmマシンガン
オプション装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

デルタガンダム
本機を元に可変機として開発された機体。後に非可変機である百式に再設計される。
プロトΖガンダム
本機のフレームを元に開発された非可変機。後に可変機であるΖガンダムとなる。
リック・ディアス
背部バインダーが本機に利用されている。

余談[編集]

  • 富野監督の『Ζ』草案によるとガンダムMk-IIの元々の名称はデルタガンダムで、本機はその競作機であったとの事。本機がMk-IIとΖの間を埋める役割を負う予定だったものの、最終的に百式が採用され、同ポジションを務めた。

商品情報[編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]