2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ザク50

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザク50
外国語表記 ZAKU 50
登場作品 SDガンダム GGENERATIONシリーズ
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 企業アピール用モビルスーツ
型式番号 MS-50
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 アナハイム・エレクトロニクス社
テンプレートを表示

概要[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場するゲームオリジナル機体。

宇宙世紀0111年の次期主力モビルスーツの開発競争に敗れ、衰退の一途を辿っていたアナハイム・エレクトロニクス社が宇宙世紀0130年、一年戦争終結から50周年の年に自社のアピールのために開発した宣伝用のモビルスーツ、という設定。

注目を得るため、一年戦争の名機であるザクIIをモチーフとしたデザインになっている。見た目は頭部が埋まった胴体に棒のような2本足が生えているというもので、専らモビルアーマーである。頭部に関してもザクIIの頭部の上半分を模したような形状で、おおよそザクとは言いがたいものである。

大型の機体に大型メガ粒子砲、大型ビームサーベル、大型ビームシールドなどの装備をこれでもかと詰め込んでおり、かなりの高性能となっている。

登場作品と操縦者[編集]

SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『ZERO』で初登場。OPデモではオリジナルキャラクターのレイチェル・ランサムが搭乗している。

武装・機能[編集]

特殊機能[編集]

飛行能力
ゲーム内では飛行することが可能。ミノフスキークラフトによるものかは不明。

武装・必殺攻撃[編集]

大型メガ粒子砲
胴体に内蔵されているメガ粒子砲。ゲームではMAP兵器版も存在。
大型ビームサーベル
両脚部に内蔵。脚部そのものが大型のビームサーベルとなっている。
大型ビームシールド
バリアとして展開することができるビームシールド。ゲーム内ではIフィールドに置き換えられている。

対決・名場面[編集]

ザクという名のMS
『GジェネレーションF.I.F』のスペシャルステージにて。プラモ狂四郎パーフェクトガンダムとの戦いの末、パーフェクトジオングを撃墜されるサッキー竹田だったが、「今までの戦いはデモンストレーション」と称し、突如ザク軍団を召喚。自身もザク50に乗り換え、ザク軍団と共に再びプラモ狂四郎の前に立ち塞がる。

関連機体[編集]

ザクII
本機のモチーフとなった機体。

余談[編集]

  • 本機のデザインには別案があり、「四肢がある、機体色がモスグリーン、ビームシールドが右肩装備」など、採用案よりはザクII寄りのデザインとなっている。

リンク[編集]