ガンダムF90-Vタイプ

提供: ガンダムWiki
ガンダムF90Vから転送)
Jump to navigation Jump to search
ガンダムF90-Vタイプ
外国語表記 Gundam F90 V.S.B.R.-Type
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
ガンダムF90-Vタイプ
分類 実験用汎用試作型モビルスーツ新型火器試験形態
型式番号 F90
頭頂高 14.8m
本体重量 8.7t
全備重量 21.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,420kW(MS本体3,160kw)
スラスター総推力

95,850kg

  • 13,980kg×3
  • 7,450kg×3
  • 5,260kg×6
アポジモーター数 66
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発組織 サナリィ
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 反地球連邦組織討伐部隊 第13艦隊所属エイブラム ⇒ フロンティアサイド駐留艦隊
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムF90の換装パックフォーマットの一つであるVタイプこと新型火器試験仕様。フォーミュラ計画において、主力モビルスーツの兵装のテストベースとして開発された。

本タイプで特筆すべき点は、ヴェスバー(V.S.B.R.=Variable Speed Beam Rifle)と呼ばれる新型ビーム兵器と次期モビルスーツの標準装備として新たに開発された試作型ビームシールドを装備している事にある。

ヴェスバーは通常は背部に設置され、必要に応じて脇の下を通し手前に引き出すジェネレーター直結式ビーム砲であるが、ジェネレーターからエネルギーCAP等を用いずに直接高出力を受け発射するため、その威力は従来のビーム兵器とは比べ物にならないものとなっている。さらに収束率や加速度合いを連続無段階で調整変化させ「高速で貫通力の高いメガ粒子ビーム」から「低速で破壊力のあるメガ粒子ビーム」まで射出するメガ粒子ビーム弾体の性質を変化させ用途に応じて撃ち分ける事でより効率的な攻撃が可能。その稼動を安定させるため、ジェネレーターはF90本来の規格である新型単基ジェネレータに換装されVタイプ装備に搭載されているサブジェネレータも併用する事で大出力を確保している。大出力化はリアスカート部の収束スラスターユニットにフロントスカート部の補助スラスターユニットの追加も可能とし、機動性や運動性の向上にも繋がっており、またこれらの装備を加えてもジェネレーター出力には余力があり、ヴェスバーに加えビームシールドの同時装備が可能である。

しかしこの新型ジェネレーターには未だ問題点が多く、特に限界作動時の放熱処理が最大のネックとなっている。これはジェネレーター出力が高過ぎるがために機体内に余剰熱が残り、下手をすると機体が作動不能になってしまう[1]というもので、その問題の解決のために、肩部と脚部に放熱フィン兼スタビライザー(脚部のパーツは増設スラスターも兼用)が増設されている。

ビームシールドはそれまでの装甲板型のシールドとは異なり、ビームサーベルと同タイプのメガ粒子ビームをシールド状に形成(またはミノフスキー粒子の「場」をビームシールド・ジェネレーターの周囲に平面状に展開)した「シールドビーム」により、実体弾やビーム弾を攻撃の種類を問わず防御しようというものである。これによりIフィールドよりも効率よくメガ粒子ビーム兵器を遮断防御できるようになった他、視界を遮らない、攻撃にも転用可能、防御時以外は発生機以外存在しない為常時実体が有りデッドウェイトとなる実体シールドより軽量になる事による機動性の向上、といったメリットが得られた。一方、デメリットは展開中はジェネレーターに負荷を掛け続ける事で、従来既存のモビルスーツはもちろんの事、F90の他の換装タイプでシールドを長時間展開する事は不可能となっており、このVタイプですら機体の状態によってシールドビームを均一に張る事ができない事があり、本装備の今後の改良点となっている。また先述の放熱用スタビライザーパーツの併用も必須である為Vタイプのみ他のF90の換装フォーマットでは可能な換装装備混載が不可能となっている。

このVタイプによって得られた試験運用データは、F91の開発に活かされている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムF90
出典元。F90の換装バリエーションの1つとして設定されている。数あるミッションパックの中からプラモデル化された換装パターンの1機でもある。
機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122
主人公ベルフ・スクレットの搭乗機として登場。ACT.6「太平洋防衛戦」で操作ユニットに追加される。ヴェスバーの威力は折り紙付きで、オールズモビルのモビルスーツであれば、一~二撃で撃墜できる。また、パッケージイラストにはF91とのツーショットで描かれている。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統
クロスボーン・バンガードがフロンティアサイドを襲撃した際にナナ・タチバナが急遽搭乗。フロンティアサイド駐留艦隊の脱出を支援している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
機体各所に配置されたハードポイントを介し、他のミッションパックへの換装が可能。ただし本Vタイプでは装備の混載は不可能。

武装・必殺攻撃[編集]

F90本体側[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵。本体側唯一の固定武装。
ビームサーベル
通常形態のバックパック部が換装によって使用不能になる為左サイドアーマーのハードポイントに装着されたサーベルラックに2基移設装備されている。

ミッションパック側[編集]

Vタイプ用ビームライフル
Vタイプ専用に開発された高収束型ビームライフル。収束率が向上している。マウントラッチなどは無い為原則常時手持ちの仕様。なお、『フォーミュラー戦記0122』のゲーム中では通常形態のF90の物を使用しているが作中内の事情による物か制作ミスなのかは不明。
メガガトリングガン
右腕部に1基装備された補助実体弾火器。三砲身式の小型ガトリングガン。
試作型ヴェスバー(V.S.B.R.)
背部増設パック部に左右一対2基装備。後にF91に引き継がれる装備。グリップ部が使用時に手の位置に合わせてスライド移動する様になっている。未使用時はAMBAC肢ユニットとして機能する。
試験型ビームシールド
左腕部ハードポイントに1基装備。自力での故障時の対応の為予備の発生器が右腰のハードポイントに1基装備されている。本機は連邦製モビルスーツでビームシールドを装備した最初期の機体に当たる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムF90
本体。
ガンダムF91
本タイプの収集データをベースに「現時点でのMSの限界性能の達成」を目的に開発された。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. F90本体のニューロコンピュータ自体ただでさえ熱に弱い