2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ベルフ・スクレット

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ベルフ・スクレット(Bergh Scred)[編集]

概要[編集]

機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』の主人公。

反地球連邦組織討伐部隊 第13艦隊所属のエイブラムに所属しているパイロットで、当初はジェガンを乗機としていた。度重なるオールズモビルとの戦闘で乗機を損傷させてしまい、艦内待機せざるを得なくなるが、直後の戦闘で窮地に陥る味方を黙って見ている事ができず、移送中だったF90へ半ば強引に搭乗。その戦闘で敵部隊の撃破に成功する。その後、戦力が不足していた事もあり、オールズモビル討伐本隊へ合流するまでの間、F90の暫定的なパイロットに任命される。

度重なるオールズモビルとの戦闘でパイロットとしての頭角を現していくと共に、F90も本来のデータ以上の性能を発揮。その結果、本隊合流時にF90の正規パイロットに任命された。その後、仲間の死や地上での戦いを経て、新型機F91のパイロットに任命。新たなる敵クロスボーン・バンガードを加えたオールズモビルとの戦いに終止符を打った。

最終決戦後は、F90、F91がサナリィのあるフロンティアIへ搬入されるのに伴い、ガンダムのパイロットを退任。激戦を潜り抜けた愛機との別れを惜しんだ。

その後の動向は今のところ不明であり、漫画『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』でワイブル・ガードナーの口から僅かながら彼の事が出る程度である。いずれにせよ、当時の連邦軍パイロットの中でも有数な存在であった事に間違いはないだろう。

余談だが、髪色に関してはゲーム説明書だと黒髪もしくは青髪だが、ゲーム内では茶髪になっている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122
初登場作品。

人間関係[編集]

地球連邦軍[編集]

アンナフェル・マーモセット
モビルスーツ隊の同僚で、恋仲。F90の性能を自慢するベルフ相手にムキになる等、負けず嫌いな一面も見せている。第4話の時点で負傷しており、ベルフから気遣われるが…
アルベルト・エアエリナ・ビアック
モビルスーツ隊の同僚。ベルフと共に最終決戦まで戦い抜く。
ワイルダー・カッツ
本隊合流時に配属されたパイロット。F90の本来の正規パイロットであったため、当初は敵意を向けてくるが、次第に実力を認めていき、良き戦友となる。第8話で宇宙に上がるベルフ達を守るべく、単独で出撃するが…
ワイブル・ガードナー
エイブラムの艦長。血気盛んになるベルフを宥める事もあった。
ブラウン・ウッダー
エイブラムのメカニック。新機体や新装備について追加される度に説明した。
テルスト
オールズモビル討伐部隊本隊所属の仕官。本隊合流までの間にF90で戦果を上げたベルフを、F90の正規パイロットに任命した。

オールズモビル[編集]

シャルル・ロウチェスター
直接の面識はないが、第1話の戦闘でケザン隊を撃破したガンダムのパイロットの実力に興味を抱いている。

名台詞[編集]

「俺のジェガン 次の出撃までに直せませんか?」
第1話より、初登場時の台詞。パッと見ただけでも右手、右脚を喪失しており、無茶な要求にウッダーも呆れた。その反面、ベルフ本人には傷一つ無く、その場にいたアルベルトから悪運の強さを指摘され、「次の戦闘では対空砲でも撃ってるんだな」と軽口を叩かれた。
「ちくしょう 俺はパイロットなんだ このままやられてたまるかっ!」
「ウッダー中尉!F90に燃料は入っていますね?」
上記の直後に突如、オールズモビルが襲撃。窮地に陥る味方を救うべく、F90への搭乗を決意する。ここからベルフとガンダムの戦いが幕を開ける事になる。
「うん ジェガンなんかとはくらべものになんないよ パワーもずい分とアップされてるしね 機動力はばつぐんだね」
第2話より、アンナフェルからF90に乗った感想を聞かれた際に。ジェガン乗りの彼女の前で堂々と自慢するので、彼女をムキにさせてしまった。また、直後に襲来してきたオールズモビルを「なんだ オールズの部隊か?」と軽んじているあたり、少々、増長気味のようだ。
「終わったのか・・・みんなは無事だろうか」
「やばいな 息苦しくなってきた 空気がもれてるみたいだ」
「死ぬときに月を見ながらってのも悪くはないか・・・アンナフィル・・」
エンディングより、戦闘を終え漂流している際に。刻一刻と死が迫る中、目の前の月を見て亡き恋人を思うベルフだったが、直後にエイブラムによって発見され事なきを得る。胸を撫で下ろす仲間に対し、アルベルトは「あいつは悪運が強い」と改めて指摘するのだった。
「テスト機?これで本当に完成したら いったいどんなバケモノになっちまうんだ?」
同上。ウッダーからF90とF91がテスト機ゆえに性能を100%発揮できていない事を聞かされて。尤もな意見に、扱える奴はニュータイプという事だろうとウッダーは笑う。事実、この機体は後にある1人のニュータイプによって、限界を超えた性能を発揮する事になる(その逆もまた然りである)。
「さよならガンダム・・・今までありがとうよ・・・」
上記の会話の後、愛機を前に別れを惜しむベルフ。こうしてベルフの物語は幕を閉じ、戦いは次なる舞台へと移っていく…

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムF90
第1話から搭乗。4話で正式なパイロットとして任命され、続く地球での戦いでも活躍した。劇中ではA、D、V、P(イベントのみ)の4タイプ(漫画版のHを含めると5タイプ)に搭乗している。
ガンダムF91
第9話で搭乗機に追加される。地上での任務を終え、宇宙へ戻った際に受領した。バイオコンピューターが未完成の状態ながらも、オールズモビル壊滅に大きく貢献した。
ジェガン
本編以前の乗機。1話の時点で激しく損傷しており、戦闘が不可能な状態だった。

商品情報[編集]

リンク[編集]