2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムF90-Dタイプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムF90-Dタイプ
外国語表記 Gundam F90 Destroid-Type
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
ガンダムF90-Dタイプ
分類 実験用汎用試作型モビルスーツ接近戦仕様
型式番号 F90D
頭頂高 14.8m
本体重量 8.9t (異説8.7t)
全備重量 21.3t (異説17.8t)
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,160kW
スラスター推力
  • 27,510kg×2 (F90本体側)
  • 9,870kg×2 (F90本体側)
  • 16,510 kg×4 (ミッションパック側)
スラスター総推力 140,800kg (異説91,270kg)
アポジモーター数 67
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発組織 サナリィ
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 反地球連邦組織討伐部隊 第13艦隊所属エイブラム
主なパイロット ベルフ・スクレット
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムF90に接近・制圧戦用のミッションパックを装着した形態。フォーミュラ計画において、ASMHタイプ等と共にF90本体に先行してロールアウトされたミッションパックの一つ。

敵主力に対する面制圧を運用目的としており、ミッションパックの重火器の一斉射による主要目標の制圧後に格闘戦に移行、残存する敵の掃討を行う事をコンセプトに開発された。武装は対多数の敵機が密集、全方位近距離に存在する場合の戦闘を想定して無誘導、短距離、高火力の重火力実体弾系兵装を中心に構成されており、F90の全ミッションパックでも随一の高火力を誇っている。脚部にもブースターユニットが追加されており、高い機動性と重武装による一撃離脱戦法に秀でている。 また本タイプはミッションパックのシステムの一つであるパージ機能を積極的に使用する形態でもあり腕部ロケットや肩部グレネード発射機は弾を撃ち切った場合除装できる。一部の設定ではこの撃ち殻となった射撃武装は排除可能な追加装甲やデコイとしても使用可能な為、防御力も高い、と解釈するケースも有る。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムF90
出典元。漫画では第5話でAタイプ及びSタイプと共にデフ達が本形態の説明を受けている。後にAとSのパックを含めてF90に混合装着された。
機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122
プレイヤーが選択可能なミッションパックの1つとして実装。Aタイプと共にゲーム初期から使用可能となっている。Aタイプと同様、初期武装はF90基本装備であるバルカン、ビームライフル、ビームサーベルの3つだけだが、ステージを進める毎に武装が追加されていく。ゲームの仕様上、パージ機能が無くそれによるメリットも存在しない事や脚部追加ブースターユニットの機動性向上がされていない等ゲームのシステムにマッチしてない部分によって弱くなってしまっており、マップ画面での移動力はたったの1マスで、本タイプを多用した場合、後継機であるF91にも移動力の低さが反映されてしまう。ただ、これを逆手にとって縛りプレイをするという手もある。
機動戦士ガンダムF90FF
『フォーミュラー戦記』ACT.2~3にあたるPROLOGUE 2で登場。ケルンコロニーにて潜伏中のオールズモビルの部隊と交戦し、これを鎮圧している。

装備・機能[編集]

特殊機能・装備[編集]

換装
機体各所に配置されたハードポイントを介し、他のミッションパックへの換装が可能。
ブースト・モーター・パック
両脚部に装着された追加ブースターユニット。多方向・複数の小型ノズルを備え、機動性や運動性の強化を担っている。

武装・必殺攻撃[編集]

F90本体側[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵。
ビーム・ライフル
F90の標準装備となる携行射撃火器。予備Eパックは通常時は腰部左サイドアーマーのハードポイントに装着される。設定画ではビームライフルを手で持たず、右サイドアーマーにEパックを介して携行している為、ライフルを手持ち携行すればその分のEパックを右サイドアーマーに追加可能と思われる。
ビーム・サーベル
背部バックパックに左右一対2基装備。
シールド
本機専用デザインの1枚板の実体盾。裏面にライフル用Eパックを2つ搭載可能。本形態では腕部ハードポイントにロケッド弾パックを装着しているため、持ち運び時はバックパックのハードポイントにマウントし、使用時に手持ち携行するスタイルを採る。

ミッションパック側[編集]

4連装グレネードラック
両肩部ハードポイントに装着。各発射器が別方向を向いているため、機体上方の幅広い範囲を攻撃可能。
5連装ロケット弾パック
両腕部ハードポイントに装着。
メガ・ガトリングガン (マルチバレルドマシンガンパック)
腰部リアアーマーのウェポンラックに装着。腰部の基部を中心に左側の4砲身式のメガ・ガトリングガン、右側のガトリングガン用マガジンで構成されている。メガ・ガトリングガンは左の腋の下を通るように前方に伸びているため、機体前方に向けた射界を持つ。
MSクラッカー
フロントアーマーのハードポイントに計2個装着。一年戦争時にザクIIが用いていたMS用手榴弾と同様の武器で、使用時に投擲する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムF90
本体。
ガンダムF90 (A.D.S.混合装着時)
Aタイプ、Dタイプ、Sタイプの各パーツを装着した状態。

商品情報[編集]

ガンプラ [編集]

リンク[編集]