2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

グフ飛行試験型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グフ飛行試験型
外国語表記 Gouf Flight Test Type
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 陸戦用試作型モビルスーツ
型式番号 MS-07H
頭頂高 18.8m
全高 19.3m
本体重量 63.9t
全備重量 76.6t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,034kW
スラスター総推力 50,875kW
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 3,600m
開発組織 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
地球連邦軍
主なパイロット ビリー・ウォン・ダイク、他
テンプレートを表示

概要[編集]

グフをベースに飛行することを目的として開発された機体。

その飛行方法は熱核ロケット・エンジンによる大推力によって、強引に飛翔するものであった。3機のプロトタイプグフと1機の先行量産型グフから開発され、テストが行われた。テストの後は燃料増加のためのドロップタンクが追加されたH-2型となっている。問題点が多かったためドダイYSを利用するプランに譲ることとなった。

地球連邦軍に接収された本機は脚部が熱核ジェット・エンジンに換装され運用されている。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典作品。
機動戦士Ζガンダム
第12話に登場。ジムIIネモを撃墜しているが、登場した本機も全て撃墜されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

75mm5連装フィンガーバルカン
両腕部のマニュピレーター先端に内蔵されている。後継機のグフフライトタイプではオミットされ、着脱式の3連装35mmガトリング砲に置き換えられた。
180mmロケット砲
脚部に左右2門ずつ搭載。こちらもフライトタイプでは撤廃。フィンガーバルカンと異なり代替武装もない。
ジャイアント・バズ
ドムが主に装備している大口径バズーカ。地球連邦軍の機体が装備している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

プロトタイプグフ / 先行量産型グフ
原型機。
グフ飛行型
先行量産型グフをベースとした本機をさらに改良した機体。
グフフライトタイプ
飛行型を再設計した機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

【MSV版】

【Ζ版】

リンク[編集]