先行量産型グフ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
先行量産型グフ
外国語表記 Gouf
登場作品 機動戦士ガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 YMS-07B
頭頂高 18.2m
全高 18.7m
本体重量 58.5t
全備重量 75.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,034kW
スラスター総推力 40,700kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
主なパイロット ランバ・ラル
テンプレートを表示

概要[編集]

数あるMS-07 グフの内、MS-07B (B型)の先行量産型に分類される機体。『機動戦士ガンダム』に登場したランバ・ラルの搭乗機が該当する。

ザクIIJ型の改修には限界があったため、初めから地上用の機体として開発された。頭部のブレードアンテナが標準装備となっており、他味方機との連携能力が強化されている。格闘戦を想定して開発されたため胸部装甲が強化され、固定武装の追加や取り回しの良いシールドが装備されている。スパイクアーマーは両肩に大型化した上で装備され、脚部の動力パイプは内装式となった。機体カラーである青はラルのパーソナルカラーであり、後に一般量産機にも採用された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム
第12話で初登場。ランバ・ラルの搭乗機として、視聴者にザクとの違いを知らしめる活躍ぶりを見せた。後付けでこの機体がグフの先行量産型であると設定されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ヒート・ロッド
右腕部に固定装備されている。電流と熱を発することにより敵機にダメージを与える。
75mmフィンガーバルカン
左手のマニピュレーターに内装された射撃武器。この武装の為に、左手はマニピュレーターとしてはほとんど機能しない……とされるが、ランバ・ラル機はヒートサーベルを両手持ちで使用している。
ヒート・サーベル
シールド裏に装備された加熱式の実体剣。形状記憶型の発熱体が使用されており通常時では柄のみの状態である。
シールド
グフ系専用のシールド。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

プロトタイプグフ
本機の試作機。
グフ (初期量産型)
この機体も先行量産型であるが固定武装が装備されていない。
グフ
制式に量産された機体。

商品情報[編集]

※商品化の際はMS-07B表記での販売がほとんどである。

ガンプラ[編集]

HGUC

※旧HGUC ※新HGUC

※旧MG ※新MG

フィギュア [編集]

リンク[編集]