グフ (初期量産型)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グフ (初期量産型)
外国語表記 Gouf
登場作品 MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-07A
頭頂高 18.2m
全高 18.7m
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,034kW
スラスター総推力 40,700kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン公国軍の量産型モビルスーツ先行量産型グフに次いで開発された機体で、同じくこの機体も先行量産型とも呼ばれる。

固定武装の生産に先行して開発された機体であり、通常のグフとは違い両腕が通常のマニピュレーターとなっている。ヒート・ロッドに関しては装備している機体といない機体の両方が存在する。この機体は計32機生産された。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典元。
機動戦士ガンダム
両腕でザク・マシンガンを構えている機体の内の何機かが本機に該当するとした見解があるが明言した資料はない。
ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079
ル・ローアの機体として登場。機体の一部がプロトタイプグフと同型となっている。
機動戦士ガンダム アグレッサー
名言はされていないがジャブロー攻略戦に登場したグフの内、レッドライダーをザク・バズーカで撃破しようとした機体の両腕がマニピュレーターとなっているため本機である可能性がある。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ザク・マシンガン
ドラムマガジン式の口径120mmマシンガン。
ザク・バズーカ
対艦用の口径280mmバズーカ砲。
ヒート・ソード
形状記憶型の発熱体が使用されている加熱式の実体剣。非使用時にはシールド裏にマウントされる。
シールド
主にグフ系列機が装備するシールド。
ヒート・ロッド
右腕部に固定装備される鞭状の武装。電流と熱を発することにより敵機にダメージを与える。前述のように装備している機体としていない機体の両方が存在している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

プロトタイプグフ
グフの試作機。
先行量産型グフ
本機と同じく先行量産型のグフ。こちらには固定武装が装備されている。
グフ
制式に量産された機体。

リンク[編集]