オリファー・イノエ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

オリファー・イノエ(Oliver Inoe)[編集]

リガ・ミリティアの一員で、モビルスーツ部隊を束ねる隊長。眼鏡を着用している。女性のみのシュラク隊の隊長でもある。厳格でかつ規律に厳しい性格ながら、メンバーの心のケアをするなど隊長としてふさわしい人物。モビルスーツのパイロットの技術も優れており、ウッソ・エヴィンVガンダムで苦戦するところを何度か助け出している。

マーベットとはパイロット候補生時代からの恋人関係で、お互いいい関係であるが、シュラク隊と合流の際にはさすがのマーベットも嫉妬するほどである。一歩間違えれば「女好きな隊長」成りかねないところだが、そこは彼の厳格な性格がゆえであろう。

貴重なV2コアファイターを良く分からない特攻で失ってしまったことで、ファンにいじられることが多い。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士Vガンダム
当初は初期量産されたVガンダムの3機の内の一機を任され、リーンホースJr.のモビルスーツ部隊隊長としてメンバーを引っ張っていく。やがて敵地でマーベットと結婚、彼なりのポロポーズにも彼女は応え、心身とも充実したかに見えた。それも間もなく、ザンスカール帝国のモトラッド艦隊の発進を阻止するため奔走し、V2ガンダムのパーツをウッソに預け、その気迫でアドラステアのタイヤに特攻し、壮絶な最期を遂げた。後に彼の死に対する手向けの儀式が行われている。

人間関係[編集]

マーベット・フィンガーハット
恋人関係。半ばギクシャクした関係にもなるが、最後は彼と結ばれる。しかし、それも間もなく彼は戦場で散ってしまう。マーベットはオリファーの意思を継ぐ。
ウッソ・エヴィン
彼の才能を認めつつも、時には修正として。行き過ぎた行動には目を光らせている。ウッソの行動力を見抜ける人物でもある。修正時のウッソ曰く「とうさんの怒った顔だ」。
ジュンコ・ジェンコ
彼女の猪突猛進な戦闘行為には彼も「死に急ぎすぎている」と評されて、心配する。しかし、これはマーベットとの三角関係を溝を深めることとなる。

名台詞[編集]

「泣くな、ジュンコ!シュラク隊に呼びかけた時から、こうなる事は分かっていたはずなんだ…泣くんじゃない!」
ヘレンが戦死した直後に、ジュンコが涙ながらにオリファーに掛けよったシーン。この時オリファーの目にも涙が浮かんでいた。
「貴様達は地球に行かせんと言った!」
「マーベット、俺達の子を頼むぞ…」
アドラステアに特攻をかける瞬間の最期のセリフ。

搭乗機体・関連機体[編集]

Vガンダム
Vガンダムヘキサ
コアファイター

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]