2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガ・ゾウム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガ・ゾウム
外国語表記 Ga-Zowmn
登場作品
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型可変モビルスーツ
型式番号 AMX-008
全長 17.42m (MA形態時)
頭頂高 18.0m
全高 18.56m
本体重量 31.6t
全備重量 58.2t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,840kW
スラスター総推力 92,280kg (9,620kg×6、8,640kg×4)
姿勢制御バーニア数 18基
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,200m (12,200mとも)
開発組織 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
袖付き
主なパイロット ゴットン・ゴー、他
テンプレートを表示

概要[編集]

アクシズネオ・ジオン軍)が開発したガザシリーズの発展型モビルスーツ。対モビルスーツ戦を想定しており、ガザCガザDとは構造などが異なる。また、性能も今までのガザシリーズとは比べ物にならないほど高い。

本機は当初、アクシズが開発を計画していた次期量産機「ガザE」の開発案2つの内の1つで、もう1つはモビルアーマー形態での運用を重視していた。コンペティションの結果、「ガザE」の名称は後者に譲る事になるが、本機に関しても、今までのガザシリーズよりも性能が高かったため、新たな派生機体種扱いの名称として「ガ・ゾウム」と名づけられた。なお、後者の「ガザE」は『ガンダム・センチネル』にて登場している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
劇中ではゴットン・ゴーが乗り込み、ガンダム・チームと交戦している。その後も量産され、複数が登場していた。
機動戦士ガンダムUC
袖付きに所属する機体が登場。腕部に装飾が施されている。フルアーマーユニコーンガンダムと交戦するも撃墜された。
機動戦士ムーンガンダム
高機動型ザクII (R-1A型)と共にロンド・ベルラー・ザイム隊と交戦するが大破する。
交戦後アムロ・レイに投降を促されるも、パイロットがグリプス戦役後のアムロの行為が許せず、彼の乗機を道連れにしようと機体を自爆した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
MA形態またはMS形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ハイパー・ナックル・バスター
本機の主兵装。従来のナックル・バスターと違い、携行兵装になっている。内蔵E-CAP方式に変更されているため威力は低くなっているが、速射が可能になっている。
ビーム・サーベル
ガザC、ガザDと同型の物が両腕にマウントされている。
ビーム・ガン
マウント時のビーム・サーベルはビーム・ガンとしても機能する。
ミサイル・ポッド
両肩のウェポンユニットに1基ずつ搭載されている武装。セミ・アクティブ・ホーミング型のミサイル「AMS-06H」を18発搭載しており、敵機が欺瞞行動に出た場合はTVアイ誘導に切り替わる。
80mmバルカン砲
2門内蔵とされているが搭載位置は不明。最近は装備されていないことになっていることが多い。装弾数は800発。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガ・ゾウム (ガンナータイプ)
ガンプラ「1/144 ガ・ゾウム」に掲載されている、本機の後期型を超遠距離射撃用に換装した形態。型式番号AMX-008B。左肩をビーム・ランチャー、右肩をレドームに換装しており、ナックル・バスターもロングバレルになっている。機体本体は後期型という事もあり、姿勢制御用バーニアの増設といった改修が見られる。
ガ・ゾウムマリンタイプ
水中用に改修された機体。
ガザタイプ試作型
ガザシリーズの試作機。
ガザA
ガザシリーズ最初の機体。この頃はまだ作業用モビルスーツだった。
ガザB
簡易的に武装を施したガザ。
ガザC
戦闘用に開発された最初のガザ。
ガザD
発展元。より戦闘用に性能を向上させた機体。
ガザE
MA形態での運用を重視したガザ。本機も最初はガザEという名称だった。
ガザM
水中用のガザ。非可変機である。
ガザT
練習機。
ガザW
ガザシリーズ最後の機体。

余談 [編集]

  • 上述の通り、機体名称がガザEからガ・ゾウムへ変更された本機であるが、準備稿の段階で実際に「ガザE」表記だった事から由来している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]