作業用ザク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MS-06W 作業用ザク(Zaku Worker)[編集]

概要[編集]

戦闘で使用不能となったザクIIザクIなどの機体を組み合わせ、作業用として再利用した現地改修機(W型)。一般作業用ザク、ザク一般作業型、ザク・ワーカーとも。

作業用として、背面にランドセルを排除した荷物デッキ、右腕部には大型スコップ、左腕部にはウィンチなどが装備されており、没しの輸送や土木作業の他、塹壕堀りやバリケードの作成、トーチカ建設など、様々な作業に用いられた。現地改修機という事もあり、統一された規格は存在しないものの、これらの装備は多くのW型の共通装備として備わっている。また、マニュピレーターはザクIIの物を流用しているが、親指以外がミトンの様に一体化した物になっている。終戦間近の戦力不足の際にはザクIIの武装を施し、戦闘に参加した例も存在したという。

一年戦争中期からアジア西部戦線やアフリカ戦線で運用されたが、限定された地域だった事もあり、ジオン公国軍内部でも本機の存在を知る者は少ない。

なお「MS-06W」という型式番号を与えられているが、前線で作り出された出自もあり、便宜的かつ慣例的なものである。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典元。
機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊
一般機が登場。作業機ながら戦闘用のモビルスーツに負けず劣らずの戦いぶりを見せている。
機動戦士ガンダムMS BOYS ―ボクたちのジオン独立戦争―
主役機のザクタンクの上半身に用いられている。
機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン
パラオのドックで2機が作業を行っている。

装備・機能[編集]

※作業機の為、基本的に非武装。

武装・必殺攻撃[編集]

格闘
『オレら連邦愚連隊』に登場する機体がネメシス隊ジム・ストライカーと格闘戦を演じている。
投擲
上記の機体がコロニーの破片を投擲し、ミニ・トレーの主砲を破壊している。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊[編集]

ジム・ストライカー

関連機体[編集]

ザクIIザクI
改修の基となった主な機体。
グフ
改修にMS-07Bグフを使用したケースも存在している。
ザクタンク
本機と同様、使用不能となった機体を再利用した現地改修機。『MS BOYS』に登場した機体のように、本機から転用した機体も存在する。

余談[編集]

  • 本機は1984年にMSVシリーズとして製品化が予定されていたものの、諸事情から開発中止になってしまっている。しかしそれから22年後の2006年に「ガンプラコレクション」のラインナップに選ばれ、念願の製品化を果たした。この際、当時のガンプラをイメージしたボックスアートが新規にデザインされている。

商品情報[編集]

リンク[編集]