2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ジム・ストライカー

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

RGM-79FP ジム・ストライカー (GM Striker)[編集]

概要[編集]

一年戦争時に開発されたジムシリーズのバリエーションの1つ。戦争末期に量産試作機が完成したジム改をベースに、近接戦闘に特化して開発された機体で、デザート・ジムの流れを汲んでいる。

敵機に接近する過程での被弾に対処するべく、機体の各所に新型の反応装甲「ウェラブル・アーマー」を増設しているのが特徴。特にコックピットブロックを含む胴体や関節部には入念に増設が行われており、近接戦闘での生存率を向上させている。

この増加装甲により本体重量は増加しているものの、装甲強化型ジムに採用されている高推力の大型ノズルを備えたバックパックに加え、脤脛部にジム・スナイパーIIの物と同系統の補助推進装置を搭載する事で、爆発的な加速度を獲得することに成功している。

しかし、大重量の機体を大推力で強引に加速させることから、機体制御には高い操縦技術が求められた上に、脚部関節への負荷が激しかったことから、ジム改の3分の2程の出撃回数で部品交換をする必要があったとされる。また、生産が終戦間際だったこともあり、戦中の製造数は20機にも満たなかったとの一説がある。

13機製造された第1ロットは、評価試験をかねて主に実戦を重ねた練度の高いパイロットを中心に少数配備されており、教導隊や特殊部隊などで活躍を見せている。アフリカ戦線や中央アジア戦線などに送られ、一定の戦果を挙げた。

バリエーション[編集]

指揮官用
バックパックにビーム・サーベルを2本装備した指揮官機。パイロットによってはビーム・サーベルの二刀流で接近戦を行う場合もあったとされる。
強化型
一部の教導隊などで運用されている出力調整機。機体の一部が黒く塗装されている。
ネメシス隊所属機
強化型の内、ネメシス隊に配備されている機体。部隊カラーであるダークブルーに塗装されており、ユージ・アルカナ中尉がパイロットを務める。
森林型
森林での戦闘を想定した森林迷彩が施されている機体。
砂漠型
砂漠戦を想定したデザート迷彩が施されている機体。
テスト機
オレンジに塗装されたジム改を素体とするテスト機。中には実戦参加した機体も存在したと言われている。アーケードゲーム『機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン』が初出。

登場作品と操縦者[編集]

ハーモニー・オブ・ガンダム
出典元。アーケードゲーム『戦場の絆』やPS3用ソフト『ターゲットインサイト』をはじめとして、以降のゲーム作品にも登場している。
機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊
主人公であるユージ・アルカナ中尉の専用機として登場する(実質上の主役機)。
中尉の所属する教導隊『ネメシス』の主戦力でもあり、キャリフォルニアベース攻略までの北米戦線で多大な活躍を見せている。
機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 -水天の涙-
ロブ・ハートレイ中尉の初期搭乗機として登場している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ウェラブル・アーマー
ジム・ストライカーの全身に装備された特殊装甲。ブロック状の追加装甲の様だが、1つ1つに着弾時の衝撃を外部へ拡散するよう内部炸薬を搭載している。このため実弾に対しては高い防御力を有し、敵が次弾を撃つ前に接近して撃破する事が可能となる。
但し、一度外れると装甲が剥がれてしまうため次の攻撃に対しては無防備になってしまうのが難点。
ブースター
装甲強化型ジムにも採用されている、背部の大型バックパックに内蔵された大出力のブースター。ウェラブルアーマーの搭載で重量が増加した本機の機動力を補うための装備で、これによってジム・ストライカーの高い機動性を叩きだす事が可能。
また両下腿部にもサブスラスターが増設されており、補ってあまりあるほどの高い推力を発揮出来る。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。牽制や迎撃等に使用される。連邦軍のMSの多くに標準装備されている。
100mmマシンガン
連邦軍モビルスーツの汎用装備。
ツイン・ビーム・スピア
ジム・ストライカーの主武装の1つ。伸縮可能なロッドにビームサーベルが2本装着された槍状の武装で、長いリーチを活かしたロッドモード、敵をなぎ払うサイズモードの2形態に変更でき、用途に応じた使い分けが可能。
ビーム・サーベル
近接戦用の斬撃武器。バックパック右側面に1本装備。
スパイク・シールド
陸戦型ジムのシールドをベースに、先端部分に伸張機構をもつスパイクを2本装備した専用の盾。対モビルスーツ戦での打突武器であり、またブースト時に地面に打ち込んで機体に制動を掛ける事も可能。
グラップ・シールド(大型クロー装備型シールド)
スパイクシールドと同様、陸戦型ジムのシールドをベースにしており、こちらは先端部分に大型のクローアームを2基装備している。

対決・名場面[編集]

ピクシー
ネメシス隊所属の機体がキャリフォルニアベース陥落直前に遭遇した戦闘。当時ネメシス隊はガルマザク事件に関して陸軍上層部よりスパイ容疑を掛けられており、その嫌疑を晴らすために独自行動をしていた。その最中、追撃部隊としてピクシーに遭遇。他の仲間を多く撃破されながらも、最後にはアーマーを排除した高速形態で撃破した。

関連機体[編集]

ジム改
開発母体。本機の素体となっている。
デザート・ジム装甲強化型ジム
本機はこれらの機体の流れを汲んでいる。後者とは共通のバックパックを装備している。
ジム・スナイパーII
本機の脤脛部に同系統の補助推進装置が搭載されている。
ジムII・セミストライカー
ジムIIをベースに、ストライカーの武装を持たせた現地改修機。
ジム・ストライカー改
一年戦争後に本機を改修し、宇宙空間での使用を可能とした機体。
ストライカー・カスタム
一年戦争後、ジム・ストライカーの後継機として開発されたエース専用機。素体はジム系でウェラブルアーマーも搭載しているが、頭部はガンダムタイプに変更されている。
フルアーマー・ストライカー・カスタム
上記のストライカー・カスタムを強化、改修した機体。武装はフルアーマー・アレックスのものと同じで、またイフリート・ナハトの装備と同様のコールドブレードを武器として使用している。
メタルスパイダー
機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」に登場する本機のバリエーション。特殊部隊シャドウズのチームの1つ、「チーム6」が自身の実戦経験に基づいてカスタマイズした専用機で、より奇襲、強襲に特化した仕様となっている。
パイロットは同チームのホーグサイラスローデシアンの3名。

関連商品[編集]

リンク[編集]