ジム・ストライカー改<メタル・スパイダー>

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム・ストライカー改<メタル・スパイダー>
外国語表記 GM STRIKER EX〈METAL SPIDER〉
登場作品 機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ
デザイナー 瀧川虚至
テンプレートを表示
スペック
愛称 メタル・スパイダー
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-79FP-S1
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
開発組織 地球連邦軍 (原型機)
改修 シャドウズ
所属組織 シャドウズ
所属部隊 チーム6
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

チーム6の実戦経験を基に改修されたジム・ストライカー。愛称の由来は頭部に追加された対MS戦用サーマル・ビジョン・ゴーグルの形状に由来する。

ウェラブル・アーマーを取り外した事で、対弾性が低下したが、その分軽量化され、突進加速力が更に向上している。 改修作業は全てギムナシオン2で行われた。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ

装備・機能[編集]

特殊機能 [編集]

TVG[1] (サーマル・ビジョン・ゴーグル)
前額部に装備されている熱源感知システム。使用時にはカメラアイを覆うように下降する。旧ジオン公国軍闇夜のフェンリル隊」で実験されていた技術を応用して開発された物で、4つ目の蜘蛛の頭部を模した様な形状を持つ。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカンポッド
頭部右側面に装着されているバルカン砲。
H4ビーム・ライフル (BOWA BR-M-84H-4)
FP型が完全に制御できる限界値まで出力を絞った専用ライフル。取り回しを優先させた事で、重MS相手でも確実に撃墜できる火力と連射性能が両立している。
ヒートナイフ (AE/ZIM. HK TYPE-4)
アナハイム・エレクトロニクス社[2]が開発した近接戦闘用のヒート兵器。非使用時は鞘に収容されており、パイロットによってマウント位置が異なる(ホーグ機は右脚、サイラス機は腰部リアアーマー、ローデシアン機は右腰)。
ビーム・サーベル
近接戦闘用のビーム兵器。バックパック右側面に1本装備。
グレネード・ランチャー (YHI IGL-84SB)
ヤシマ重工製の擲弾発射機。サイドアーマーに取り付けられている兵装。既存のグレネードランチャーの銃身を切り詰め、精度は低下したが左右の手どちらでも使用することができる。
ショット・アンカー (YHI RAQ-SS-wp-)
ハンド・アンカーの技術を応用した有線式打突兵器。アンカー部はパイルとして使用することができ、搭乗者の腕次第ではワイヤーを縦横無尽に操ることでヒート・ロッドにも劣らない柔軟な戦闘ができた。チーム6内では「糸」と呼称される。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジム・ストライカー改
原型機。
ジム改
ウェラブル・アーマーを外したことで、よりこちらに近い外観となった。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 『ブレイジングシャドウ』では「SVG」の表記も見られるが、サーマルのスペルは「Thermal」のため誤植である
  2. 厳密には傘下企業のツィマッド社が開発したもの。