ギガン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

MS-12 ギガン(Gigan)[編集]

ペズン計画によって開発された支援用の簡易生産型モビルスーツ。形状的にはどちらかというとモビルアーマーである。生産工程や資材がザクIIの半分程度で済むが、性能は自走砲として運用するなら決して低くはない。グラナダでの運用を想定しているため脚部が3つのホイールになっている。小型スラスターによりある程度は空間戦闘が可能だが脚部を換装することで本格的に空間戦闘が可能になる。複座式で操作も容易でメンテナンスが容易だったため地上用として期待されていたが、一年戦争末期だったため少数が生産されるに止まった。なお、形状が2種類存在する。

登場作品と操縦者[編集]

MS-X
出典作品。
機動戦士ガンダムUC
袖付き所属機として登場した。脚部がクラーケ・ズール用の大型プロペラント・ブースターに換装されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
脚部を換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

180mmキャノン砲
頭部に装備されている本機の主武装。
120mm機関砲
右腕部にマウントされている4連装機関砲。
同軸機関砲
180mm砲と同軸装備されている。主砲を使うまでもない相手に使用する。
クローアーム
左腕部のクロー。接近された場合の緊急用装備。
ガトリング・ガン
袖付き所属機が装備している。右腕部の機関砲を換装して装備されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

リックギガン
本機の宇宙用改修機。袖付きの機体との違いは不明。

商品情報[編集]

リンク[編集]