2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ジェガン (エコーズ仕様・コンロイ機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

RGM-89De ジェガン(エコーズ仕様・コンロイ機) (Jegan [ECOAS Type/Conroy Use])[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の量産型モビルスーツジェガン (エコーズ仕様)コンロイ・ハーゲンセン搭乗機で、任務完遂の為に一部装備を変更している。
基本性能は通常のエコーズ仕様と同等だが、頭部バイザーは中央部に精密射撃用の伸縮式センサーが内蔵されているスナイパー・バイザー・ユニットに換装され、通常時よりも正確に狙撃が行えるようになった。また、武装もメガ・バズーカ・ランチャーの他に白兵戦を重視した物を多く装備している。

なお、エコーズ仕様は運用目的に合わせて装備等を変更可能となっており、機体ごとに仕様の差異が多少ながら存在するとされる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC(アニメ版)
パイロットはコンロイ・ハーゲンセン
ネェル・アーガマ艦上から敵機を砲撃していたが、アンジェロ・ザウパーローゼン・ズールの攻撃でメガ・バズーカ・ランチャーを破壊された。艦に強行着艦してきたシュツルム・ガルスズサとも交戦している。
ユニコーンガンダムがメガラニカへ向かう際には部下のエコーズジェガン3機と共に護衛に就いたが、ネオ・ジオングの有線式大型ファンネル・ビットによってジャックされた機体の攻撃によって胸部装甲と左腕を破壊される等の損傷を受けている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
オプション装備や本体の仕様を換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ハンド・ガン
サブ・ウェポンとして左脚部にマウントされているビーム砲(一部資料では実体弾式と表記されている)で、威力はそれ程高くないが、速射性が高い。
ジェガン用ビーム・ライフルを切り詰めて造られており、そのため内部構造の一部は共通化されている。
ボックスタイプ・ビーム・サーベル
右腕部に装着されている接近戦用の武器。マニピュレーターに別の武装を保持したまま使用可能。
ビーム・サーベル
右腰部に1本マウントしている。2種類のビーム刃を形成可能で、ラックにはエネルギーの急速充填が可能なキャバシターシステムを搭載している。
ダガー・ナイフ
左肩部にマウントされている実体式のナイフ。
ファイアー・ナッツ
左腰部に装備されている投擲武装。爆発後、敵機を炎上させる。
メガ・バズーカ・ランチャー
かつて百式等が使用していた大型ビーム砲。高出力のビームを発射可能で、その威力は戦艦を一撃で撃沈できる程。しかし、それに比例してチャージ時間が長く、消費エネルギー量も多い。
本機が使用した物は下部のフックがトライポッドに変更されており、ネェル・アーガマ後部に固定し、シナンジュとの戦闘で破壊された主砲の動力と直結して使用している。
バズーカ
実弾を発射する無反動砲で、この時期の連邦軍MSの汎用武装。後部カートリッジから弾を供給するが、前方にも予備カートリッジが装填されている。
メガ・バズーカ・ランチャーが破壊された後に2挺装備して戦闘を行っている姿が確認されている。
ビーム・ライフル
携行式のビーム砲で、ジムIIやジムIIIなどが装備していた物の改良型。
ユニコーンガンダムの護衛時に装備していた。
シールド
防御用の実体盾。攻撃を弾いたり逸らしたりする為の構造や材質を採用している。
ユニコーンガンダムの護衛時に装備していた。
2連装ミサイル・ランチャー
シールドに2基装備。

対決・名場面[編集]

VSシュツルム・ガルス

関連機体[編集]

ジェガン (エコーズ仕様)
通常のエコーズ仕様機。
ジェガンD型
ベース機。
スタークジェガンEWACジェガン
ジェガンD型のバリエーション機。
ロト
エコーズに配備されている機体。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]