リゼルC型 (ディフェンサーbユニット/ゼネラル・レビル配備機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

RGZ-95C リゼルC型(ディフェンサーbユニット/ゼネラル・レビル配備機)(ReZEL TYPE-C[Defenser b-Unit][GR])[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の量産型モビルスーツ
リゼルC型 (ゼネラル・レビル配備機)のバックパックユニットを「ディフェンサーbユニット」に換装した機体で、主に中・遠距離における一点集中攻撃を得意としている。勿論、ウェイブライダー形態への変形も可能。
本機もカラーリングは胸部がオレンジ、センサーがイエロー、その他の部分がグレーに変更されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC(OVA版)
ゼネラル・レビルに配備されており、ネェル・アーガマ攻撃の為に出撃している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
ウェイブライダー形態に変形可能。
換装
バックパックユニットをボックス・ウイングユニット、ディフェンサーaユニットのどれかに換装できる。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。主に牽制に使用される。
グレネードランチャー
両腕部に2門ずつ内蔵されている実弾兵器。
ビームサーベル
両腕部に2本ずつ格納される。グレネードランチャーとの選択式。
メガビームランチャー
本機の主兵装。長距離支援用で、Ζガンダムのハイパーメガランチャーのコンセプトを引き継いでいる。アームで背部に固定されており、機体のジェネレーターと砲身に内蔵されているサブジェネレーターからエネルギー供給を受けて発射される。
本機では2門装備されていて、ユニット内のジェネレーターの恩恵で最大出力での連射が出来るようになり、火力が強化された。また、両方のセンサーを連動させる事で攻撃の際の精度を高められる。
シールド
腕部に装備される実体盾。後部にはブレードが備えられており、打突武装としても使用可能。
ビームキャノン
シールドに1門内蔵。3点バースト方式で、ウェイブライダー形態では主兵装となる。
メガ粒子砲
ディフェンサーユニットに1門ずつ、計2門内蔵されている。
「ビームキャノン」と表記される事も。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

リゼルC型 (ゼネラル・レビル配備機)
リゼル ディフェンサーbユニット
リゼル (隊長機) ディフェンサーaユニット
リゼル
リゼル (隊長機)
Ζガンダム

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]