リゼル (隊長機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

RGZ-95C リゼル(隊長機)(ReZEL Commander Type)[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の量産型モビルスーツ。「C型」とも呼ばれる。
リゼルエース及び指揮官仕様で、各スラスターのリミッターが解除され、それによる負荷の増加に対応すべくムーバブルフレームも補強された。同時に操作系の反応速度も高めた事で追従性の向上も図られ、本機の本来の性能を発揮出来るようになったが、その分操作性もピーキーになっている。また、新型OSに組み込まれたコントロール・サポート・システムは熟練パイロット達にとっては有効には機能しない為、大抵がカットされて従来の操作方式に差し戻されているという。
識別の為、各部センサーのカラーリングは赤から緑へと変更されている。
基本的にバックパックはウイングユニットを装備しているが、ボックスユニットへの換装も不可能ではない。武装もビームライフルとメガビームランチャーを選択可能。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC
主なパイロットはノーム・バシリコック
ネェル・アーガマに配備されたが、袖付きの首魁であるフル・フロンタルシナンジュとの戦闘で撃破されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
MA形態に変形する。変形の所要時間は0.5秒と非常に短い。
なお、この形態はΖガンダムに倣って「ウェイブライダー」と呼ばれる事が多い。
換装
バックパックをボックス・ウイング・ディフェンサーユニットのいずれかに換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。主に牽制に使用される。
グレネードランチャー
両腕部に2門ずつ内蔵されている実弾兵器。
メガビームランチャー
本機の主兵装。アームで背部に固定されており、機体のジェネレーターと砲身に内蔵されているサブジェネレーターからエネルギー供給を受けて発射される。
ビームライフル
本機のもう一つの主兵装。Ζガンダムが使用していた物と同様に銃身が長い。通常モードと高出力モード(「ギロチン・バースト」と呼ばれる)のどちらかに選択可能な他、ロングビームサーベルとしても使える。
シナンジュとの戦闘の際にノーム機がメガビームランチャーの代わりに装備している。
ビームサーベル
両腕部に2本ずつ格納される。グレネードランチャーとの選択式。
シールド
腕部に装備される実体盾。後部にはブレードが備えられており、打突武装としても使用可能。
ビームキャノン
シールドに1門内蔵。3点バースト方式で、ウェイブライダー形態では主兵装となる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

リゼルC型 (ゼネラル・レビル配備機)
リゼル
リゼル (隊長機) ディフェンサーaユニット
リゼル ディフェンサーbユニット
リゼルC型 (ディフェンサーbユニット/ゼネラル・レビル配備機)

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]