ガンダムF90II-Iタイプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムF90II-Iタイプ
外国語表記 Gundam F90II Intercept Type
登場作品 機動戦士ガンダムF90
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 F90II-I
頭頂高 15.1m
本体重量 9.7t
全備重量 29.6t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,150kW
スラスター総推力 188,080kg
アポジモーター数 63
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発組織 サナリィ
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムF90IIに迎撃・追撃用のミッションパックを装着した形態。F90IIと同時期に開発されたミッションパックで、Lタイプミッションパックと共にロールアウトした。

本機最大の特徴は単独飛行を可能とするフライト・シールドで、機体底部に装着することでサブ・フライト・システムとして機能する。脚部にはプロペラントタンクを併設した推力増加ユニットが装着されており、安定的な飛行性能を獲得している。武装として近接白兵戦・射撃戦双方に対応可能なビーム・ランサーを追加装備し、高い機動性と合わせて電撃的な一撃離脱戦法を可能とした。

ミッションパックとしてはハードポイント使用箇所が非常に少ない為他のミッションパック装備の追加混載などにも対応し易い形態でもある。ただし本ミッションパックの要でもあるフライトシールドは製造コストも高く、これ一つでF90本体と同等の建造コストが掛かる代物であった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムF90
出典元。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

試作型バイオコンピューター
F91へ搭載予定の主管制コンピューター兼サイコミュデバイス。F90IIへの改修に伴い、8000系ニューロコンピューターから換装される形で試験的に搭載された。

武装・必殺攻撃[編集]

F90II本体側[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
ビーム・サーベル
背部に2基装備されている近接武装。

ミッションパック側[編集]

ビーム・ランサー
槍状の大口径ビーム・サーベルを形成する携行武装。後部にバーニアを備えている。ビーム刃をそのまま射出できる他、拡散ビーム・ショットガンとしても使用可能。
フライト・シールド
モビルスーツに匹敵するサイズの大型シールド。収納式の可変翼を有し、MSを上部に乗せる事でサブ・フライト・システムとして機能する他、Iフィールドバリアによってシールドとしての機能にも優れる。
マシン・キャノン
フライト・シールド前部に2門内蔵されている大口径機関砲。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムF90II
素体。
ガンダムF90-Iタイプ
素体がF90の場合の換装パターン。本体性能差など若干の数値スペック差異が存在する。
ガンダムF90Iタイプ (木星決戦仕様)
「鋼鉄の七人」作戦に応じてF90にIタイプミッションパックを装着した形態。MS本体や装備が一部変更・改修されている。

リンク[編集]