2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ビギナ・ゼラ アインツェルカンプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビギナ・ゼラ アインツェルカンプ
外国語表記
  • Vigna Zirha EinzelKampf (Single combat Type)
  • Flamme Tiger EinzelKampf
登場作品 機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
デザイナー 大河原邦男(ビギナ・ゼラ)
テンプレートを表示
スペック
愛称 フレイムタイガー
分類 指揮官用試作型モビルスーツ
型式番号 XM-07G FTE
頭頂高 15.6m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
開発組織 ブッホ・エアロダイナミックス社
所属組織 クロスボーン・バンガード
所属部隊 ダーク・タイガー隊
主なパイロット シェルフ・シェフィールド
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンプラ「1/100 ネオガンダム」付属のモビルスーツハンドブックに掲載されている「1/100 ビギナ・ゼラ」の改造作例。

機体設定

ビギナ・ゼラの量産機に特殊作戦用の追加装備を装着した機体で、機体名の「アインツェルカンプ(Einzelkampf)」はドイツ語で「一騎打ち」を意味する。また、シングルコンバットタイプとも呼称されている。機体色はベルガ・ギロスベルガ・ダラスと同様の紫。

ダーク・タイガー隊の隊長シェルフ・シェフィールド大尉の要請を受けたブッホ・エアロダイナミックス社により開発された。ショットランサーとシールド状の大型ブースターを装備しており、これらがサナリィが試案したガンダムF90II Iの装備に似ている事から、同社にブッホ・コンツェルンの産業スパイが潜入している可能性が考えられる。

ネオガンダムとの一騎打ちを想定した機体とされており、 C.V.製のヴェスバーを装備したバックパックからベルガ・ギロスと同型のシェルフ・ノズルに換装し、頭部をガンダムヘッドに酷似したものに変更している。

登場作品と搭乗者[編集]

機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91 (モビルスーツハンドブック)
シェルフ・シェフィールド大尉の要請により開発されたという設定で、ビギナ・ゼラの改造作例として登場。大型シールドブースターはガンダムF90Pのパーツをミキシングして作られている。機体色はベルガ・ギロスやベルガ・ダラスなどの量産機をイメージして紫を選択したようだ。これだとフレイムタイガー(炎の虎)という愛称に反してしまうが、作例担当のモデラー曰く「シェフィールド大尉には、紫の方がよく似合うと思う……」との事。

武装・機能[編集]

特殊機能[編集]

シェルフ・ノズル
スラスターポッドを束ねた推進機システム。接合部の簡易関節によってある程度可動し推力方向を細かく変化させ機動性や運動性を補佐する。四基一組の物を左右一対にして当機では使用する。作例を担当したモデラー曰く「これは人物名との駄洒落?」との事らしい。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームサーベル
2本装備。
ショットランサー
クロスボーン・バンガードのモビルスーツに多く装備されている打突武器。ベルガ・ギロスと同型。
ヘビーマシンガン
ショットランサーの基部に4門内蔵されている。
大型ブースター(ブースターユニット)
ブースター機能を持たせた大型シールド。作例解説の「サナリィにはブッホ・コンツェルンの産業スパイも潜入しているのだろうか」の記述から察するに、シルエットフォーミュラプロジェクトによってアナハイム・エレクトロニクス社から提供された情報を基に開発された可能性がある。

関連機体[編集]

ビギナ・ゼラ
原型機。
ガンダムF90I
大型ブースターといった特殊作戦用装備は本機の技術を参考に開発されたとされる。
ガンダムF90Pベルガ・ギロス
作例でミキシングに使用されたキット。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

・付属のモビルスーツハンドブックに作例が掲載。


資料リンク [編集]

ホビーサーチ「1/100 ネオガンダム」画像一覧

リンク[編集]