ガンダムF90II

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムF90II
外国語表記 Gundam F90II
登場作品 機動戦士ガンダムF90
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 F90II
頭頂高 15.1m
本体重量 7.7t
全備重量 18.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,880kW
スラスター推力
  • 30,610kg×2
  • 9,870kg×2
スラスター総推力 80,960kg
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
原型機 ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様
改修 サナリィ
所属 地球連邦軍
主なパイロット ナナ・タチバナ
テンプレートを表示

概要[編集]

第一次オールズモビル戦役で大破したガンダムF90火星独立ジオン軍仕様連邦軍が回収し、開発元であるサナリィに持ち込み改修を施した機体。オリンポス山でのガンダムF90(1号機)との戦闘でパーツを6割近く失ったものの、動力や制御コンピュータは無事であったためガンダムF902号機の強化仕様として再生されることになり、宇宙世紀0121年10月にロールアウトした。

改修は基礎設計を終えていたガンダムF91のデータをフィードバックする形で行われており、ジェネレーターは小型モビルスーツ用の物1基に換装され、胸部のダクトも排熱効率の高い構造に改められた。損傷した両足はフレームから新開発の物に変更され、頭部も試作型バイオコンピューターを搭載した物を新たに取り付けている。肩部ハードポイントカバーはスラスターを追加された物に変更された事で機動性も向上し[1]、総合的なスペックはF90を凌ぐ。

オールズモビルによってオミットされていたF90規格のミッションパック換装機構も復元されており、F90用に開発されたミッションパックも引き続き使用可能[2]。また、本機と同時にIタイプLタイプのミッションパックが新たに開発されている。

機体カラーは2号機のロールアウトカラーに近い色に変更されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムF90
出典元。2号機のその後を示唆する機体として設定されているが、本機自体はストーリーに登場しない。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統
ナナ・タチバナLタイプに搭乗。イルルヤンカシュ要塞攻略戦でミッションパックをパージする際、バイオコンピューターの不具合によって機体が機能停止してしまう等、試作機故の不安定さが露見している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
機体各所に配置されたハードポイントを介しミッションパックを換装可能。F90用のミッションパックも問題なく使用でき、逆にF90II用のミッションパックもF90に装備する事が出来る。
試作型バイオコンピューター
機体の主管制コンピューターにして情報をパイロットに伝えるサイコミュデバイスガンダムF91に搭載される物の雛形である。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
ビーム・ライフル
Eパック方式のビーム・ライフル。ガンダムF90と同型の物を装備している。
ビーム・サーベル
背部に2基装備されている近接武装。
シールド
F90と同型のシールド。裏面にEパックをマウント可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムF90 (2号機)
大元の機体。ロールアウト時に施されていたトリコロールカラーが本機で再び採用されている。
ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様
原型機。パーツの六割近くが損傷していた為、当機に改修された。
ガンダムF90II-IタイプガンダムF90II-Lタイプ
それぞれ当機装備時の迎撃・追撃戦仕様、長距離狙撃仕様。F90装備時より本体性能差によって若干性能が高い。
ガンダムF90Iタイプ (木星決戦仕様)
鋼鉄の7人」作戦に備えてチューンナップされたF90-Iタイプ。ショルダーアーマーが本機と同型の物に変更されている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ただし肩部ハードポイントを使用するミッションパックではこの追加スラスター分の出力は失われる。
  2. ただし、本体の性能差によって同じミッションパックを装備した場合でも若干の性能差が生じるケースがある。