リーオー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リーオー
外国語表記 LEO
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 OZ-06MS
頭頂高 16.2m
本体重量 7.0t
装甲材質 チタニュウム合金
アビリティレベル

(本機を基準とする)

ファイティングアビリティ
レベル100
ウエポンズアビリティ
レベル100
スピードアビリティ
レベル100
パワーアビリティ
レベル100
アーマードアビリティ
レベル100
開発組織 地球圏統一連合
OZ
所属 地球圏統一連合
OZ
その他多数
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

十二星座の「しし座」の名を有すモビルスーツ

型式番号は、地上用がOZ-06MS、宇宙用がOZ-06SMS。アフターコロニー初の戦闘用モビルスーツトールギスの量産型に辺る機体で、トールギスが未完成の状態で計画が中断されたため、実質的にこのモビルスーツがアフターコロニー初の戦闘用モビルスーツである。トールギスを原型とし、徹底したコストダウンと機能の縮小化することで完成。主に陸戦用と宇宙用のバリエーションがあるが、違いは宇宙用にはバックパックスラスターが内臓している点のみである。

機体色はモスグリーン(またはカーキ色)、青、紫など陣営と派閥によって異なる。

地球圏統一連合にロームフェラ財団により提供されたこのモビルスーツで各地の紛争を即座に片付けて、連合の軍事独裁政治に一役買っている。その後20年に渡り主力モビルスーツを務めていたが、ガンダムの登場で一変。戦乱の拡大で性能不足に陥ることとなり、連合がOZに乗っ取られてたあとは次々と現れる新型のモビルスーツにその座を譲り渡した。それでも機体数はアフターコロニー世界では圧倒的であり、どの陣営でも運用されている。

登場作品と役柄[編集]

新機動戦記ガンダムW
初登場作品。全編を通して各勢力の機体として登場する。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
X18999コロニーの警備用としてカーキ色の機体が登場。同コロニーに潜入したヒイロ搭乗の紫、デュオ搭乗の青のリーオーと交戦している。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光
新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT
新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト
ホワイトファングの自由コロニー旅団の装備としてMDシステム搭載機が登場。48機投入されたが、PXシステムを発動したガンダムポリュクスの攻撃で全機撃墜された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

MDシステム
第18話に登場した実験機が装備。背部に外部入力用のケーブルが接続されている。
なお『オペレーション・ガリアレスト』に登場した機体はケーブル無しでの自律行動が可能となっている。

武装・必殺攻撃[編集]

固定武装は無く、装備は全て選択式となる。

105mmライフル
本機の主兵装の1つで、地上用の主力武器。機関部下部に装弾数が約100発のドラムマガジンを取り付けており、交換の際はマガジン上部のハンドルを握って着脱する。このハンドルは射撃時のサブグリップとしても機能する。
ビームライフル
宇宙用の主力武器。ショートサイズの物も存在する。
シールド
トールギスの物と同型の円形の実体盾。裏側のジョイントにより左肩に装着される。サーベルホルダーを兼ねており、サーベルを予備を含めて2本収容する事が可能。
ビームサーベル
一部の機体に装備。シールドに備えられている。
バズーカ
実弾式砲弾を使用。
ドーバーガン
肩部のアタッチメントに装備する大火力火器。トールギスのものと同型だが、反動が大きいため両手で保持して発射する。両肩に装備する事も可能。
大型ビーム砲
右肩のアタッチメントに装備するビーム兵器。第1クールのあらすじに登場するリーオーなどが使用している。
ビーム砲
両肩にアタッチメントで取り付ける。

オプション装備 [編集]

宇宙用バックパック
宇宙用の機体が装備するラウンド・バーニア。背部にアタッチメントで取り付ける。
パラシュートパック
空挺降下用の装備。背部にアタッチメントで取り付ける。
高機動オプション
大気圏内で単体飛行を可能にする装備。飛行性能はエアリーズに劣る。背部にアタッチメントで取り付ける。

対決・名場面[編集]

新機動戦記ガンダムW [編集]

対リーオー (MD)
第18話より。MDシステムを搭載したリーオーのテスト風景を満足げに眺めるデルマイユツバロフだったが、そこへトレーズの乗るリーオーが乱入し、生身の兵士を代表してモビルドールに挑む。反抗しようとしたツバロフを部下に拘束させたトレーズは、そのまま全てのリーオーを叩き切り、モビルドールに勝利する。しかし、ロームフェラ財団によるOZの支配は刻一刻と進んでいた。
余談だが、このトレーズが乗ったリーオーも、他のガンダムパイロットが搭乗した時と同様、マシンガンの集中砲火を食らってもびくともしなかった。これもエレガントさの一端だろうか。

関連機体[編集]

トールギス
原型機。
リーオー・アーリータイプ
初期量産型。
偵察型リーオー
偵察用の改修機。
リーオーIII
『BATTLEFIELD OF PACIFIST』第1話に登場した機体。北米のオースターインダストリで秘密裏に建造されていたが、ヒイロの爆破工作により破壊された。機体形状は画稿と作中で異なっている。
レオス
カスタム機の1つ。
レオール
運動性を重視したカスタム機。
レオン
防御力とパワーを重視したカスタム機。
エアリーズ
リーオーから派生した、空戦用MS。
トラゴス
リーオーから派生した、地上支援用MS。
リーオーIV型[グライフ]
『敗者たちの栄光』に登場する旧型のリーオーの1つ。生産性を度外視し、量産型の域を超えたOZスペシャルズ専用の特別機。白いカラーリングの機体にはゼクス・マーキスが搭乗して降下作戦の最中だったウイングガンダムを急襲した。
リーオーNPD
ガンダムビルドダイバーズ』に登場する、本機をベースとするガンプラ
ポーンリーオー
SDガンダムフォース』に登場する、本機をモチーフとしたキャラクター。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]