2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

エアリーズ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エアリーズ
外国語表記 ARIES
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 空戦用量産型モビルスーツ
型式番号 OS-07AMS
頭頂高 16.9m
本体重量 8.0t
装甲材質 チタニュウム合金
アビリティレベル
(※リーオーをオールレベル100として換算)
ファイティングアビリティ
レベル100
ウエポンズアビリティ
レベル110
スピードアビリティ
レベル110
パワーアビリティ
レベル90
アーマードアビリティ
レベル90
開発組織 地球圏統一連合
OZ
所属 地球圏統一連合
OZ
主なパイロット
テンプレートを表示

概要 [編集]

黄道十二星座の「おひつじ座(アリエス)」の名を冠するモビルスーツ

本機はOZが軍備の質の向上を目指して開発したもので、リーオーの空戦特化型に位置する機体である。「ガンダム」が登場するまでの軍備で、陸のリーオー、空のエアリーズ、海のパイシーズの一角を担った。カタログ上はほぼリーオーと同等の能力を有している事になっているが、同等の能力を有した機体が空を飛べるという事は、戦術的にかなりのステータスであり、実際の戦闘力はリーオー以上であると言える。このため、特に制限がなく、各陣営に大量に配備されているリーオーと異なり、OZの息のかかった部隊以外には意図的に余り配備されていない。

脚部を折り畳んで飛行形態に変形する事が出来るが、むしろこちらがメインの形態であり、足はランディングギアとしての色が濃い。戦闘速度はマッハ2以上[1]

機体色は、黒(OZ一般機)、モスグリーン(OZ指揮官機)、灰青(地球圏統一連合)が確認されている。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW
初登場作品。第1話から登場している。OZオペレーション・デイブレイクの際には、その機動力でリーオーを圧倒したが、「ガンダム」の前には成す術無く、また主戦場が宇宙に移って行った事から生産もされなくなり、徐々にその地位をトーラスに譲っていく事となった。
また同じくOZのパイロットであるオズワルド・ワーカーもコルシカ基地防衛戦で本機に登場するも、ガンダムサンドロックに敗れて撃墜されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
飛行形態に変形する。

武装・必殺攻撃[編集]

チェーンライフル
標準携行火器。センサーとグリップを折りたたむ事が可能。
ミサイルポッド
4連装のミサイルポッド。オプション装備。手持ちもしくは主翼に懸架した状態で使用される。
トーラスカノン
トーラス用の大型ビーム。第4話でシェンロンガンダム相手に使用しようとしたが、発射前に撃墜された挙句、逆に使用されてしまった。
バスターライフル
ウイングガンダムの主兵装。カートリッジ式のため、本機でも使用が可能。第30話でノインが運搬してきた物をカトル機が使用し、プラネイトディフェンサーを展開するビルゴの部隊を一掃した。

対決・名場面など[編集]

関連機体[編集]

リーオー
本機開発の技術の下地となっている。
トーラス
後継機。

商品情報[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

  1. 書籍「ガンダムウオーズV シークレットW」より