ナノラミネートアーマー

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

ナノラミネートアーマー(Nano Laminate ARMORE)  [編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する装甲加工技術。主にモビルスーツや艦船などのエイハブ・リアクターを使用した機材に使用されている。

エイハブ・ウェーブに反応して鏡面のような構造の複層分子配列を形成する金属塗料が表面に蒸着されており、これが衝撃を吸収・拡散しビームを反射するため実弾射撃やビーム兵器に対し圧倒的な防御力を発揮する。このためMSの携行火器サイズのマシンガンやMAの大口径ビーム砲では装甲を破壊する事ができず、決定打にならない[1]。一方で持続的な衝撃や熱、塗膜の剥離などが弱点とされるため、ナノラミネートアーマーを使用した兵器を撃破するには

  • 許容量を超える衝撃を与える(メイスや斧、ダインスレイヴなど)
  • 経年劣化や集中攻撃などで装甲表面の特殊塗料が剥がれた部位を狙う
  • 一定時間衝撃や熱を与え続ける(レンチメイスなどの「挟む」攻撃、ナパーム弾など)
  • エイハブ粒子を圧縮して発生させたγナノラミネート反応による破壊

などの対策が挙げられる。その為、対MS戦で火器はエイハブウェーブの影響で精度が落ちている事も合わせて牽制として使い、大質量武器による近接戦闘でコックピットを狙い仕留める戦い方が主流となっている。

なお、特殊塗料が使用されているのはあくまで装甲材だけなので、装甲の隙間やナノラミネートアーマー加工が施されていない武装は実弾射撃やビーム兵器の直撃を受ければ破壊される可能性がある[2]

使用される特殊塗料には普通の塗料と同様にカラーバリエーションがあり、色によって価格が異なる。最も高価なのは視認性の低い黒系や紫系とされ、白が最も安価とされるが防御性能自体は変わらない。また、あくまでナノラミネートアーマー自体は装甲材に行う「表面加工の一種」に過ぎない為。下地の装甲材自体の強度がそのまま正比例される[3]

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
作中のほとんどの兵器に使用されている。この技術によってビーム兵器や射撃戦中心の戦い方が封じられ、MSは大型鈍器で殴るように戦い、強襲装甲艦の様に通常の攻撃手段として敵に体当たりする軍用艦が登場するようになった。この設定は作品の泥臭さ・オリジナリティを際立たせた一方、逆に作中で唯一ビーム兵器を使用したハシュマルやナノラミネートアーマーにより火器が決定打にならなくなったのにも関わらず遠距離攻撃でナノラミネートアーマーを破壊出来るダインスレイヴといった強力な兵器を鮮烈に印象付けている。
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
こちらもMSの装甲に用いられている。ガンダム・グレモリーには上位技術の「ナノラミネートコート」が使用されている。

関連用語[編集]

エイハブ・リアクター
こちらも作中では広く普及しているが、製造はギャラルホルンのみ行っている。リアクターによるエイハブ・ウェーブがなければナノラミネートアーマーはただの装甲と変わりないので、非常に深い関連性がある。

資料リンク[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ガンダム・バルバトスの滑腔砲であっても敵機の撃破に至る決定打にはならない。
  2. ハシュマルのビームの直撃を受けたライド獅電の場合、機体自体は無傷だったがライフルは破壊されている。また、三日月も装甲の隙間を太刀で突く攻撃を幾度か披露している。
  3. 分かり易いのは鉄華団のグレイズ改とタービンズの百錬戦。どちらもナノラミネートアーマーは施されているがテイワズの高品質素材で作られた装甲材によって無傷の百錬に対し初期鉄華団の応急で低品質素材製のグレイズ改の白い装甲パーツはボロボロになっていた。