ガンダム・グレモリー

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

ASW-G-56 ガンダム・グレモリー(Gundam Gremory)[編集]

概要[編集]

ギャラルホルンモビルスーツ厄祭戦が起こった約300年前に開発された機体で、「ガンダム・フレーム」と呼ばれる特殊なフレームを採用した72機の内の1機である。
本機最大の特徴として上半身を覆うナノラミネートコートと呼ばれる装備により、圧倒的な防御力を有する。頭部もこの装備によりフードのように覆われるためバトルアンカーと合わせて「死神」と揶揄されることも多い。見た目ではガンダムと分かりにくいが、頭部のナノラミネートコートを可動させると中身にツインアイとアンテナが存在することが分かる。
名前の由来であるグレモリーとは、過去・現在・未来、そして隠された財宝について知り、それを語る能力を持つと言われる悪魔である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
パイロットはナディラ家当主、デイラ・ナディラ。
アルジガンダム・アスタロトリナシメントを高い操縦技術で押すも、バスタードチョッパーとデモリッション・ナイフを組み合わせた一撃に敗れる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ナノラミネートコート
上半身を覆う装備。ナノラミネートアーマー以上の硬度を持ち、物理攻撃すら弾き返す。

武装・必殺攻撃[編集]

バトルアンカー
本機の主武装。本来は錨型の武器だったが、厄祭戦当時に片刃を破損しており鎌のような形状になっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダム・バエルガンダム・ウヴァルガンダム・バルバトスガンダム・グシオンガンダム・アスタロトガンダム・フラウロスガンダム・キマリスガンダム・ダンタリオンガンダム・セーレガンダム・端白星
他のガンダム・フレーム採用機。

商品情報[編集]

リンク[編集]