ガンダム・ダンタリオン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダム・ダンタリオン
外国語表記 GUNDAM DANTALION
登場作品
デザイナー 篠原保
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
型式番号 ASW-G-71
全高
  • 18.0m
  • 21.0m(パーフェクトカウル装備時)
  • 23.4m(飛行形態時)
本体重量
  • 27.1t
  • 39.5t(ハーフカウルT装備時)
  • 45.3t(ハーフカウルB装備時)
  • 64.2t(パーフェクトカウル装備時)
  • 主動力 エイハブ・リアクターx2(ツインリアクターシステム)
    装甲材質 ナノラミネートアーマー
    開発組織 ギャラルホルンの前身組織
    所属 ギャラルホルン(ザルムフォート家)
    主なパイロット ザザ・フォッシル
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    ギャラルホルンモビルスーツ厄祭戦が起こった約300年前に開発された機体で、「ガンダム・フレーム」と呼ばれる特殊なフレームを採用した72機の内の1機である。

    本機は厄祭戦終結間際に開発された機体であり、かつ機体の番号からも分かる通り最後発に近い形で開発された機体であり、今までの「ガンダム・フレーム」採用機のデータが多くフィードバックされた機体となっている。そのため建造過程で仕様変更が再三行われており、フレーム自体にも手が加えられている。通常形態は「ネイキッド」と呼ばれる状態で、装甲も最低限しか付けられていないが、これは本機のコンセプトが多彩なオプション兵装を装備することを前提とした物だからである。終結間際の最後発寄りで開発された機体ではあるが、本機の性能は「ガンダム・フレーム」の中でも高く、高い戦果を挙げている。なお阿頼耶識システムの装備やその必要性についての情報(各カウルの装備状態によっての必要・不要の情報など)は現状不明である。

    名称の由来である「ダンタリオン」とは無数の老若男女の顔を持ち、右手には書物を持った悪魔であるとされる。あらゆる学術の知識を教え、人の心を意のままに操る力等を持つ。

    登場作品と操縦者[編集]

    ガンダムトライエイジ
    初登場作品。他の作品に登場する際は下記の『月鋼』が出典となる。
    機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
    パイロットはザルムフォート家の当主、ザディエル・ザルムフォート(ザザ・フォッシル)。

    装備・機能[編集]

    特殊機能[編集]

    換装
    各種オプション兵装を装備可能。

    ハーフカウルT[編集]

    背面上部にオプションパーツ「ハーフカウルT[1]」を装備した状態。ブースター形態である「Tブースター」は推力を大幅に向上させる機動性を重視した特性の為、一撃離脱戦法を取ることが可能となる。また、ブースターを前面に展開し、ブースターに腕部を収納し変形させる事で強化腕部パーツ「ギガンティックアーム」を形成する。

    ハーフカウルB[編集]

    背面下部の腰背部にオプションパーツ「ハーフカウルB[2]」を装備した状態。ブースター形態である「Bブースター」は小回りなどを重視した運動性を向上させる特性を持つ。また、脚部を収納し変形させることで強化脚部パーツ「ギガンティックレッグ」を形成する。

    フルカウル/フルブースト[編集]

    ハーフカウルTとハーフカウルBのみを装着した状態。強化四肢形態の方を「フルカウル」形態、双方とも背部に配置したブースター形態とした場合には「フルブースト」形態と呼ばれる。

    パーフェクトカウル[編集]

    フルカウル形態の胴体にアイギスを合体させ胴体部も強化し収納されている頭部装甲も追加された形態。右腕にケラウノス、左腕にバイデントを装備しアイギス部分からは隠されていた左右一対の速射砲も展開される。

    武装・必殺攻撃[編集]

    ベイオネット・ライフル
    本機専用の射撃兵装。通常時は短銃身のサブマシンガンとして機能するが、折り畳んである剣身を展開することで銃身部も延伸され口径100mmのライフルとして機能する。ギガンティックアームの手でも使用可能。
    ベイオネット・ソード
    ライフル状態の銃身下部に備わっている折り畳み式の実体剣。切れ味よりも威力を重視している。折り畳んだサブマシンガン状態では使用不可。
    ケラウノス
    ハーフカウルBとセットで運用される滑腔砲。取り回しに優れている。ネイキッド用とギガンティックアーム用の個別のグリップが備わっており使わない方は折り畳み収納される。
    バイデント
    ハーフカウルTとセットで運用される二股の長槍。ネイキッドでは前腕部にマウントする形で装備しギガンティックアームでは手甲に装着する。シールドとしても機能し、補助ブースターが内蔵されている。
    アイギス
    本機専用のシールド。ネイキッドでは手持ち式の大盾として使用し先端部の大型クローも使用可能。パーフェクトカウル形態用の頭部装甲と隠し武器の速射砲が収納されているがネイキッドでは使用できない。

    対決・名場面[編集]

    関連機体[編集]

    ガンダム・バエルガンダム・バルバトスガンダム・グシオンガンダム・アスタロトガンダム・ウヴァルガンダム・グレモリーガンダム・フラウロスガンダム・キマリスガンダム・セーレガンダム・端白星
    他のガンダム・フレーム採用機。

    商品情報[編集]

    リンク[編集]

    脚注[編集]

    1. Tは「TOP(トップ)」の頭文字略称
    2. Bは「Bottom(ボトム)」の頭文字略称