2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダム・アスタロト

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム・アスタロト
外国語表記 Gundam Astaroth
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
型式番号 ASW-G-29
全高 18.2m
本体重量 30.6t
主動力 エイハブ・リアクター×2
装甲材質 ナノラミネートアーマー
フレーム ガンダム・フレーム
原型機 ガンダム・アスタロトオリジン (フレーム状態)
改修 タントテンポ
ヴォルコ・ウォーレン
所属 ギャラルホルン (ウォーレン家) ⇒ タントテンポ
主なパイロット テッド・モルガトンアルジ・ミラージ
テンプレートを表示

概要 [編集]

かつてギャラルホルンの名家、ウォーレン家が所有していたモビルスーツ厄祭戦が起こった約300年前に開発された機体で、「ガンダム・フレーム」と呼ばれる特殊なフレームを採用した72機の内の1機である。

厄祭戦後に月面の巨大クレーターで放置されていた機体で、クレーターの調査を行っていたウォーレン家が発見し所有していた。その頃にはまだ本来の装備があったようだが、「発見時に一部装甲が破損していた」ようで、回収した際に修復、保管していた。しかし本編の数年前にウォーレン家は地球圏との癒着が露見して取り潰しに遭っており、本機もアングラな市場に出回って彷徨い続けた結果、ガンダム・フレームと頭部以外の兵装が全て剥がされた状態で月面コロニーを牛耳るマフィア『タントテンポ』に買い取られることになった。

現在はタントテンポに身を寄せるウォーレン家の末裔、ヴォルコ・ウォーレンの意向により、欠損した外部装甲を他の機体のもので代用した「パッチワーク」と言っても良い仕様になっており、左右非対称な外観も相俟って非常にイレギュラーな機体となっている。その為、機体バランスが劣悪となっており、サイドアーマーのブースター兼バランサーユニットが無ければ操縦がほぼ不可能になる。加えて、タントテンポの頭目テッド・モルガトンの持つ義手に合わせて義手を介した神経接続システムも組み込まれている。このため、機体と義手を接続する事で右腕のみ阿頼耶識システムと同等の反応速度を得る事が可能となった (このシステムは同じ義手を持つアルジ・ミラージにも適用されており、彼の操縦も可能となっている)。

テッド・モルガトンの暗殺依頼を受けた義手の少年、アルジ・ミラージに託され、以後は彼の乗機として扱われるようになる。

名前の由来であるアスタロトとは、バルバトス、グシオン等と同じくソロモン72柱に名を連ねる悪魔の名前であり、序列29番目の大侯爵とされている。アスタロトの言い方のひとつにアシュタロンがあり(イエスと言ったりジーザスと言ったりするのと同じ)、ガンダムアシュタロンは同じ名前のガンダムと言えるかもしれない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
初登場作品。
本編当初はタントテンポの長であるテッド・モルガトンが所有していたが、居住していたアバランチコロニーがMSに襲撃された際、致命傷を負ったテッド自身がアルジとヴォルコに本機を任せている。その後はアルジの専用機となり、またヴォルコの意向もあって本来のパーツを集める旅に使用される事となる。

装備・機能[編集]

特殊機能・装備[編集]

神経接続システム
コックピット内部に搭載。右腕の義手と接続する事により、阿頼耶識システムほどとはいかないものの高い反応速度を得る事ができる。
ブーストアーマー
可動域の広さを活かし、左右非対称で重心バランスの悪い本機の姿勢制御を担っている両腰のブースター。コンバットナイフを装甲内部に格納している。

武装・必殺攻撃[編集]

デモリッション・ナイフ
本機が背中にマウントしているメイン武装で折り畳み式の大型剣。振り下ろしながら刀身を伸長することで、敵の予想を上回る間合いからの攻撃が可能となる。しかし、2つ折り故に刀身に可動部が存在し、純粋な強度としてはあまり高い訳ではないので収納状態から柄のみを出して使うこともしばしば。また、その状態でサブナックルと合わせて盾がわりにすることもある。(この強度問題はリナシメントへと改修される際、追加武装を合体させる形で解消した)
サブナックル
左前腕に装備された装甲。百錬のサイドアーマーを流用したもので、三本指のマニピュレーターを組み合わせた攻防一体の装備。デモリッション・ナイフの補助にも使われる。
コンバットナイフ
アスタロトの腰部ブースター内部に装備されているナイフ。同名でキマリスが持つナイフとは違い、開閉機構は搭載されていない。そのため小型で取り回しが良い。
アスタロト専用ライフル
アスタロトがウォーレン家の管理下に置かれた頃からの武器の1つ。
210mm対物ライフル
所謂対物用狙撃銃であり、サイドアーマーのブースターを片方外し、本体のフレームとライフルから伸びるフレームとを繋げて使用する。(とは言うものの繋げなくても運用可能)
パンツァーファウスト
アスタロトのバックパックからマウントフレームを介して二本装備されている使い捨て式ロケット・ランチャー。ナノラミネート装甲を持つMSに対して攻撃力はあまり期待出来ないが、使いようによっては相手の意表をつける。

対決・名場面[編集]

人前では帽子を脱げ
『月鋼』第1話でのアスタロトの初戦闘シーン。MSでの戦闘経験の浅さからトリアイナに対し防戦一方のアルジだったが、ふと目にしたモニターにデモリッション・ナイフの展開機構が映し出される。ナイフを手に迫ってくるトリアイナの眼前にデモリッション・ナイフを振り下ろしたアルジは立て続けに刀身を展開。意表を突かれたトリアイナの帽子に刃が叩き込まれ、アルジは辛うじて死闘を制した。

関連機体[編集]

ガンダム・アスタロトオリジン
アスタロト本来の姿。アスタロトのような白がメインカラーではなく、全身が真紅に彩られてある。各種の専用装備を持ち、胸部、肩部ブレードシールドにウォーレン家の紋章がある。
ガンダム・アスタロトリナシメント
ウヴァル戦の後、本来の装甲を82%まで取り戻したアスタロトだったが、その直後、ナナオ・ナロリナによって装甲の一部を売買された半年後の姿。旧アスタロトのようなシルエットに逆戻りしているが、本来の装甲が全くない訳ではない。新たに武装を追加している。
ガンダム・ウヴァル
アスタロト本来の装甲の大半を装備している漆黒のガンダム・フレーム。後述のカッリストがブレードシールドを装備している為、オリジナルの盾を右肩に装備している。その他、左腕のフレームが剥き出しになっており、丸型の盾を装備している(リナシメントの左腕がスピナ・ロディのままなのはこのせい)。
バエル / バルバトス / グシオン / マルコシアス/キマリス / フラウロス / ダンタリオン / グレモリー / セーレ / 端白星
ガンダム・フレームを採用しソロモン72柱の悪魔の名を冠するMS群。
百錬 / スピナ・ロディ
アスタロトの外装パーツや武装の一部として流用した機体。百錬の腰パーツをサブナックルとして利用したり、左腕に至ってはスピナ・ロディの腕部装甲を丸ごと移植してある。
カッリスト
ベースは百里。アスタロトオリジンの肩部ブレードシールドを腕部に装備している。アスタロトとの戦闘で両腕ごとブレードシールドを奪取されている。(ウヴァル戦の後、ブレードシールドは装備されたのだろうが、闇市場に売買されリナシメントへとなった際には装備されていない。)
強襲特化型ヒャクリ
百里をベースとした機体ではあるが詳細は不明。パイロットも相当な腕を持つことがヴォルコが戦闘中に仕入れた情報で分かる。210mm対物ライフルを2丁装備しており、アスタロトをガンプラエースの描き下ろし番外エピソードにて持ち前の巨大なクローで苦しめるが、これを撃破し対物ライフルを鹵獲した。因みに元々は「鉄血のガンプラコンテスト(オリジナルガンプラコース)」にて惜しくもグレイズ・アードラを上回らなかったが、審査員の注目を浴び優秀賞を勝ち取り番外編に登場する事になった百里剛腕。名前や上記の巨大なクローが特徴的。
ガンダムアシュタロン
本機と同様、悪魔「アスタロト (の呼び名の1つ)」の名を冠するガンダム。

余談[編集]

  • ガンプラでは、デザイナーである形部氏の意向によりプラモデル初心者に嬉しい粋な計らいがあり、アスタロトの特徴的な左右非対称を対称にしたり(2体以上必要)、真逆に出来るようになっている。無論加工は不要で、左前腕部の穴は両側についていて、数があれば片腕に二つずつ付けることが出来る。サブナックルのマニュピレーターは右手型に組み換え可能で、左手の甲のパーツはちゃんと右手に付けることが出来る。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]