ガンダム・マルコシアス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム・マルコシアス
外国語表記 Gundam Marchosias
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント
デザイン 鷲尾直広
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
型式番号 ASW-G-35
全高 18.7m
本体重量 34.3t
主動力 エイハブ・リアクター×2(ツインリアクターシステム)
装甲材質 ナノラミネートアーマー
フレーム ガンダム・フレーム
搭載システム 阿頼耶識システム
開発組織 ギャラルホルンの前身組織
主なパイロット 不明
テンプレートを表示

概要[編集]

厄祭戦の最中に失われたと推測されているガンダム・フレームの一機。機体名にソロモン72柱の一体、グリフォンの翼と蛇の尻尾を持つ狼の姿をした悪魔「マルコシアス」の名を冠している。

現存が確認されている26体のガンダム・フレームの中にもその名称は含まれていないが、ギャラルホルンのデータベースには本機のリアクターの固有周波数が登録されている為、実機は完成し、実戦投入された事は確実である。ただし、当時のパイロットを含めて詳細なデータは不明となっている。

翼を模した背部と腰部の大型バインダーを有する優雅さを漂わせる機体フォルムが特徴だが、このバインダーには計四本のサブアームが収納されており、それを展開し敵に迫る姿はまさに「悪魔」の名を持つガンダム・フレームに相応しいものである。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント
初出作品。2019年12月16日に情報が公開されたが、実は同年2月に鉄血公式ツイッター上で原画が公開されている[1]。また、ゲーム配信前の時点で、主役機である端白星に先駆けてガンプラHGシリーズでの立体化が決定している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ナノラミネートアーマー
エイハブ・リアクターから発せられるエイハブ・ウェーブに反応して硬化する性質を持つ特殊な塗料を塗布した装甲。物理・光学兵器双方に高い防御力を誇る。
阿頼耶識システム
ナノマシンを介してパイロットの脳神経と機体のコンピュータを繋げる有機操縦デバイスシステム。厄祭戦当時の機体の為搭載されていたものと思われるが、詳細は不明。
サブアーム
背部と腰部の大型バインダーに搭載されている四本の副腕。人型ではないモビルアーマーとの戦闘に対応するために設計されたと推測されている[2]

武装・必殺攻撃[編集]

大太刀
バックパック中央に鞘に収めた状態で装備されているマルコシアスの主力武装。モビルアーマーのナノラミネートアーマーに対抗する為に開発された。
バスタードメイス
大太刀を鞘に収めた状態。鞘自体に重量を持たせている為、そのまま質量兵器としても使用可能。
短剣
小型で取り回しに優れる格闘兵装。バインダーに一本ずつ、計四本搭載されており、主にサブアームで保持して使用される。
ナックルガード
両腕部に装備している打撃武器としての使用も可能な防御装備。反転させる事でクローとしての使用が可能。
シールド
左腕に装備された防御装備。バインダーとサブアームの展開を妨げないよう小型の物を使用している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バエル / バルバトス / グシオン / アスタロト / ウヴァル / グレモリー
キマリス / フラウロス / セーレ / ダンタリオン / 端白星
他のガンダム・フレーム採用機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ツイート
  2. デザイン担当の鷲尾氏によると、サブアームで複数のモビルアーマー子機を撃破しつつ、モビルアーマーの攻撃をいなしながらバスタードメイスによる決定打を狙うのが武装のコンセプトとの事。