ガンダム・ウヴァル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム・ウヴァル
外国語表記 GUNDAM VUAL
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
型式番号 ASW-G-47
全高 19.8m
本体重量 33.6t
主動力 エイハブ・リアクター×2(ツインリアクターシステム)
装甲材質 ナノラミネートアーマー
フレーム ガンダム・フレーム
開発組織 ギャラルホルンの前身組織(原型機)
改修 タントテンポ
所属 タントテンポ
主なパイロット ロザーリオ・レオーネ
テンプレートを表示

概要[編集]

ロザーリオが所有するモビルスーツ厄祭戦が起こった約300年前に開発された機体で、「ガンダム・フレーム」と呼ばれる特殊なフレームを採用した72機の内の1機である。

厄祭戦後に廃棄コロニーの動力炉付近に放置されていたところをタントテンポに発見され、当時現場監督であったロザーリオが秘密裏に回収した。発見された時はフレームのみの状態であったため、ヴィル・クラーセンが調達したアスタロト本来の装甲の大半を黒く染め上げて使用しているが、全ての装甲が装備されているわけではないので右脛部、左腕部はフレームが剥き出しの状態である。背部には2基のブースターが備わっている大型バックパックを装備しており、高い機動性を得ている。頭部の装甲はアスタロトのものの上から新たに装甲が取り付けられており、アンテナの基部にセンサーが追加されているため四眼となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

グレイブ
機体の全高を超えるサイズの双頭薙刀。使いこなすことで相手に反撃の隙を与えないことができる。
210mm対物ライフル
所謂対物用狙撃銃であり、サイドスカートのラッチに接続して使用される。
マイニングハンマー
アスタロトと二度目の戦闘をした際に装備していたハンマー。採掘用のものを転用しているため、先端に回転機構が備わっている。
ラウンドシールド
露出しているフレーム部分を守るために左腕部に追加されたシールド。武器の取り回しの邪魔にならないように小型かつ円形のものとなっている。
スパイクシールド
右肩に追加されたシールド。スパイクによる打撃武器としても使える。

対決・名場面[編集]

ガンダム・アスタロト

関連機体[編集]

ガンダム・ウヴァルユハナ
本機を別パーツで改修した機体。
ガンダム・アスタロトオリジン
この機体に装備されている装甲の本来の持ち主。
ガンダム・バエル / ガンダム・バルバトス / ガンダム・グシオン / ガンダム・アスタロト / ガンダム・マルコシアス / ガンダム・グレモリー / ガンダム・フラウロス / ガンダム・キマリス / ガンダム・ダンタリオン / ガンダム・端白星
他のガンダム・フレーム採用機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]