2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ガンダム・グシオン

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ASW-G-11 ガンダム・グシオン (Gundam Gusion)[編集]

地球、火星間の宙域航路を拠点とする宇宙海賊『ブルワーズ』が所有するガンダム・フレーム機。
バルバトスと同じくかつての厄災戦時に開発された機体である。

デブリ帯の中で発見され海賊達に手を転々と渡り歩きブルワーズの元に渡っている。なお作中初期の姿はブルワーズでの運用に合わせて改装された姿でありオリジナルの本機の姿は不明である。 また本機の姿はあくまでブルワーズでの運用時の形態である為作中外では厄祭戦時の形態との混同を避けたり区別の目的で「ブルワーズ・グシオン」と呼称される場合も有る。 ガンダム・フレーム特有の2基のエイハブ・リアクターの高出力を利用した超重装甲の突撃戦を得意とし、全身に纏った超重装甲のために他のガンダムと異なる肥大化した風貌となっており、内部のガンダムフレームそのものすら改造により手が加えられた状態になっている。その為、圧倒的な装甲を持ち戦艦の機関砲程度ではびくともしない防御力を持つ。
その反面、重量の増加に伴う燃料消費を補う為に大型の推進剤のタンクを内蔵しているが長期戦には向いていない。

また、運用しているブルワーズが重力下での活動を想定していない為、宙間戦闘特化のカスタマイズが施されている。
主なパイロットは同組織のモビルスーツ部隊隊長を務めるクダル・カデル

名前の由来であるグシオンとは、バルバトスと同じくソロモン72柱の第11位に位置する悪魔の名前である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルンと密約を交わしたブルワーズの戦力として、配下のマン・ロディを率いて鉄華団を襲撃する。
二度にわたる戦闘ではバルバトスと交戦するも、持ち前の超重装甲や得物であるハンマーを活かして三日月を苦戦させた。しかし最終的にバルバトスの太刀によってクダル諸共コックピットを潰されて鉄華団に回収されている。
戦闘終了後はマン・ロディと共に売却される予定だったが、弟を失った昭弘の要望により彼の搭乗機となる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ナノラミネートアーマー

武装・必殺攻撃[編集]

グシオンハンマー
総重量15tを超える超弩級の質量破壊兵器の大槌。内部にスラスターを搭載しているため接触時のインパクトが大幅に向上し、比類ない破壊力を生み出している。
90mmサブマシンガン
マン・ロディと共通の携行式サブマシンガン。
400mmバスターアンカー
胸部に四門装備された400mm口径のキャノン砲。モビルスーツの搭載する火器としては戦艦にさえダメージを与える程の威力を有するが、射程距離は短く用途は接近戦に限定される。
バルカン
頭部に装備された左右一対の迎撃武装。通常弾の他、信号弾の運用も可能であり、通信に制限のあるエイハブ・ウェーブ影響下で部隊に指示を送る際に使用される。

対決・名場面[編集]

鉄華団タービンズ
地球へ向かおうとする鉄華団を撃墜し、ギャラルホルンとのパイプ構築を画策するブルワーズの思惑で、本機率いるモビルスーツ部隊が2度に亘って抗戦する。

関連機体[編集]

ガンダム・バエルガンダム・バルバトスガンダム・キマリスガンダム・フラウロスガンダム・ウヴァルガンダム・アスタロト
ガンダム・フレームを採用している機体。グシオンと同じく、悪魔の名を冠している。
マン・ロディ
ブルワーズの主力量産機。グシオン同様に重装甲、高出力と言った特徴を持ち外見も似ているが、これは「グシオンの外装はマン・ロディの製作元と同じ所に発注した物」との事。
ガンダム・グシオンリベイクガンダム・グシオンリベイクフルシティ
鉄華団に鹵獲された本機を、昭弘の専用機として改修した形態。従来の鈍重な外観から一新され、弱点であった継戦能力も大幅に底上げされている。