マン・ロディ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
マン・ロディ
外国語表記 Man Rodi
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 UGY-R41
全高 17.1m
本体重量 40.6t
主動力 エイハブ・リアクター
装甲材質 ナノラミネートアーマー
フレーム ロディ・フレーム
搭載システム 阿頼耶識システム
開発組織 不明
所属
主なパイロット 昌弘・アルトランド
ビトー
アストン
デルマ
ペドロ
ヒューマンデブリ兵
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

厄祭戦中期頃に開発されたロディ・フレームを用いた量産機。レストアされた機体が、ブルワーズを始めとした様々な組織で運用されている。

マン・ロディはフレームの積載重量限界まで装甲化した超重装甲機体で、それに合わせてエイハブ・リアクターも高出力となっている。高い防御性能を有し、多少の被弾では怯むことなく行動可能。ただし、この重装甲構造によりコクピットハッチなどが脆弱となっており、コクピットハッチ部を攻撃された場合、破壊された機体構造が搭乗者に襲い掛かりパイロットに重傷を負わせたり最悪、死亡原因となってしまう[1]

宇宙空間での運用に特化した設計となっており、脚部はフレームが簡略化され、歩行機能より推進器としての側面を強めた物となっている。リアスカート裏側には可動式の3連ノズルが備わっており、背部と脚部のスラスターと合わせて鈍重そうに見える外観とは裏腹に、宇宙空間では柔軟な高い機動性を発揮する。機動力こそ確保されているものの、その重量から推進剤の消費は激しく、長時間戦闘に向かないという難点を抱えている。

武装は近・中距離戦用の物が充実しており、高い攻撃力や重装甲による生残性の高さもあり、隙のないスペックを誇る機体となっている。さらに非合法な阿頼耶識システムも搭載されている。ただし宇宙空間に特化した設計で、特徴である重装甲も足枷となっていることから、重力下では主だった活動実績は記録されていない。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
初出作品。パイロットは昌弘・アルトランドビトーアストンデルマペドロ、他。
鉄華団タービンズを襲撃し昭弘グレイズ改を追い詰めたが、参戦した三日月ガンダム・バルバトスによってペドロ機が撃墜される。一方でモビルワーカーを大破させて乗っていたタカキに重傷を負わせ、昌弘機が一度鹵獲する。だが昭弘に奪還され、タービンズからの攻撃と推進剤の残量の問題もあって撤退した。その後の再戦では鉄華団とタービンズの作戦に乗せられて数機が撃墜され、昌弘機もクダルガンダム・グシオンの攻撃から昭弘を庇って大破した。
ブルワーズ壊滅後、残存していた機体は全て鉄華団とタービンズが鹵獲し売却された他、搭載されていた阿頼耶識システムがガンダム・グシオンリベイク流星号に流用されている。二期の鉄華団とJPTトラストとの戦闘時にJPTトラストがヒューマンデブリを乗せた本機を投入し、ハッシュの辟邪を翻弄するも、鉄華団のMSに撃墜されている。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

阿頼耶識システム
ナノマシンを介してパイロットの脳神経と機体のコンピュータを繋げる有機操縦デバイスシステム。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

頭部バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
90mmサブマシンガン
一般的に流通しているMS用サブマシンガン。軽量で扱いやすく、安価と三拍子揃った武装であり、海賊が好んで使用している。バナナマガジン式で、装弾数は20発。ストックはスライド式で延長可能で、精密射撃時に使用される。非使用時には腰背部にマウント可能。
ハンマーチョッパー
鉈型の白兵武装。重さに物を言わせて叩き切る武装で、峰側に備わるスラスターにより斬撃の強化や、投擲時の推力として使用される。峰側先端にはハンマーが備わっており、打撃武装としても使用可能と、見た目以上に運用方法の多い武装となっている。非使用時にはサブマシンガンとの選択式で腰背部にマウント可能。
ワイヤーフック
両腕部内側に内蔵されている射出式のワイヤーフック。先端の鈎部は展開可能。
手榴弾
サイドスカートに1発ずつ計2発装備されている球形の手榴弾。擲弾の他に煙幕弾など様々な種類の手榴弾が存在する。
チョッパー
ショートサイズの鉈型武器。グシオンチョッパーと同一の外見の武装で、JPTトラスト所属機が装備していた。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ランドマン・ロディ
鉄華団で運用されるマン・ロディの改修機。脚部が変更され、重力下でも運用が可能となっている。
ハクリ・ロディ
傭兵のハクリ兄弟が放棄されていたマン・ロディを独自改修した機体。防御力は低下したが、機動性は強化されている。
ラブルス
タントテンポで運用されている要人警護用の機体。マン・ロディと同様の装甲を持つが、頭部と脚部が異なっている。
ガンダム・グシオン
ブルワーズが保有するガンダム・フレーム採用機。機体コンセプトが本機と同様の重装甲・高出力であり、武装も一部共有している。
スピナ・ロディ / ガルム・ロディ
他のロディ・フレーム採用機。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 一部ではこの欠点はブルワーズでのヒューマンデブリの少年兵達の裏切り対策の為に敢えて残された欠陥とも言われている。