マン・ロディ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

UGY-R41 マン・ロディ (Man Rodi)[編集]

ブルワーズが好んで使用する量産型モビルスーツ。同組織の主力機として運用されている。
本機は「ロディ・フレーム」を流用したレストア機で、積載重量の限界ギリギリまで強度を向上させた超重装甲と高い出力を持つ。このフレームは厄祭戦の中期に量産された物であり、圏外圏で長期に渡って運用された主力機によく採用されていた。その汎用性の高さと癖の無さから「特長の無さが特徴的」と評され、重装甲機体のフレームとしても適している。コクピットには阿頼耶識システムが採用されている。
ブルワーズが宇宙海賊である事から宇宙空間での運用に特化されており、鈍重そうな外見に似合わず各部のスラスターによって柔軟な挙動を可能としつつ高い機動力を有する。また脚部も宙間機動に特化した物となっており軽量化の為か内部フレームも元のロディ・フレームから簡略化した物になっている。しかしその重量から推進剤の消費もかなり多く、長時間運用には不向き。
装備している武器は近・中距離戦用の物を充実させており、重装甲に物を言わせて対空砲火を無理やり突破し、ターゲットとなる商船に即座に取り付いてブリッジを制圧するという戦法を基本としている。

重力下ではその重装甲が仇となる事から、主だった運用記録は存在しないとされる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
パイロットは昌弘・アルトランドビトーアストンデルマペドロ、他。
鉄華団タービンズを襲撃し昭弘グレイズ改を追い詰めたが、参戦した三日月ガンダム・バルバトスによってペドロ機が撃墜される。一方でモビルワーカーを大破させて乗っていたタカキに重傷を負わせ、昌弘機が一度鹵獲する。だが昭弘に奪還され、タービンズからの攻撃と推進剤の残量の問題もあって撤退した。その後の再戦では鉄華団とタービンズの作戦に乗せられて数機が撃墜され、昌弘機もクダルガンダム・グシオンの攻撃から昭弘を庇って大破した。
ブルワーズ壊滅後、残存していた機体は全て鉄華団とタービンズが鹵獲し売却された他、搭載されていた阿頼耶識システムがガンダム・グシオンリベイク流星号に流用されている。二期の鉄華団とJPTトラストとの戦闘時にJPTトラストがヒューマンデブリを乗せた本機を投入し、ハッシュの辟邪を翻弄するも、鉄華団のMSに撃墜されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ナノラミネートアーマー
エイハブ・リアクターから発せられるエイハブ・ウェーブに反応して硬化する性質を持つ特殊な塗料を塗布した装甲。詳細はリンク先参照。
阿頼耶識システム
ナノマシンを介してパイロットの脳神経と機体のコンピュータを繋げる有機操縦デバイスシステム。詳細はリンク先参照。
ワイヤーアンカー
両手首袖口内側に一基ずつ搭載。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵されている。
サブマシンガン
携行する実弾射撃兵器。広く流通しており、ナノラミネートアーマーが相手でも傷をつけられる程度の威力がある。
重量が軽く使い勝手が良い上に比較的安価である事から、海賊が好んで使用している。
不使用時にはリアスカートにマウント可能。
ハンマーチョッパー
鉈状の白兵武器。対象に向かって振り下ろし叩き切る他、峰側の先端部にある突起をハンマーとして使用する事も可能。
こちらも不使用時にはリアスカートにマウントされる(ラックは一つしかない為、サブマシンガンと同時にマウントする事は不可能)。
手榴弾
サイドスカートに格納されている球体状の投擲武器。煙幕弾など様々な種類の手榴弾が存在する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダム・グシオン
ブルワーズが所有しているガンダム・フレーム機。マン・ロディと似た外見となり、装備も一部共有している。
ガンダム・グシオンリベイク流星号
マン・ロディの阿頼耶識システムを流用している。
スピナ・ロディ
マン・ロディと同じくロディ・フレーム由来の作業用MS。
ランドマン・ロディ
エドモントン戦の後、鉄華団が新たに開設した地球支部の機体として改修したもの。宇宙での戦闘しか想定していなかった本機であったが、脚部を高級汎用ユニットに換装しフレームも元のロディ・フレーム規格に戻した事によって地上戦も可能となった。
ガルム・ロディ
ロディ・フレームの持つ汎用性を重視して開発された機体。機動力・防御性能が両立されている他、大規模な装備換装無しで宇宙・重力下双方での運用が可能。
ハクリ・ロディ
外伝作品『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼』の機体。傭兵であるハクリ兄妹が、大破したマン・ロディを独自改修して完成させた機体。バックパックに可動式のブースターを搭載し、本来持っていた阿頼耶識システムは除かれている。全2機が完成しており、兄サンポの機体は左肩と頭部を青色に塗装したブルーショルダーが特徴。妹ユハナ機は左肩と頭部を黄色で塗られたイエローショルダー。なお本来ガンダム・グシオンの武装である大鉈のグシオンチョッパーをサンボ機が、長柄のグシオンアックスをユハナ機が装備している。
ラブルス
外伝作品『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼』の機体。月面コロニーを支配するマフィア『タントテンポ』の要人警護用MS。装甲形状はマン・ロディに似るが、通信機能やセンサー増設で大型化した頭部や重力下での運用も想定した脚部を有している。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]