ガルム・ロディ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

UGY-R45 ガルム・ロディ(Garm Rodi)[編集]

概要[編集]

「ロディ・フレーム」をベースとした重装甲モビルスーツ。同じようなコンセプトの機体としてマン・ロディが存在するがこちらは汎用性を損なっておらず機動力と防御力がバランス良く両立している。指揮官機は頭部に角が付いている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ライフル
大型の実体弾兵器。下部にはグレネードランチャーが装備されている。
ブーストハンマー
端にスラスターが内蔵されている白兵武装。
300mmロングライフル
長距離支援用の武装。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

スピナ・ロディ
作業用として普及しているモビルスーツ。
マン・ロディ
重装甲に改修された機体。こちらは重力下での活動を考慮していない。
ランドマン・ロディ
脚部を換装し、重力下でも運用可能にした機体。
ハクリ・ロディ
傭兵であるハクリ兄妹が、大破したマン・ロディを独自改修して完成させた機体。
ラブルス
月面コロニーを支配するマフィア『タントテンポ』の要人警護用モビルスーツ。

商品情報[編集]

リンク[編集]