2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

三日月・オーガス

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

三日月・オーガス(Mikazuki Augus)[編集]

火星の民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)」の参番組に所属する少年兵。
モビルワーカー等の機動兵器の操縦技術に長けており、後に起動したガンダムバルバトスの正規パイロットとなる。
幼少の頃から幼馴染であるオルガ・イツカと行動を共にしており、彼とは実の兄弟以上の信頼関係で結ばれている。また、若年ながらも兵士としての訓練を受けており、その肉体は鍛錬によって鍛え抜かれている(その反面、就学経験がないため文字の読み書きや世界情勢には疎く、それを本人も自覚しており鉄華団内の会議にも参加しない事も少なくない)。

CGSの方針として、非人道的な『阿頼耶識システム』を3度にわたって受けているため、前述のような機動兵器の操縦に加えて高い空間認識能力を有する。 年はオルガと二つほどしか変わらないが鉄華団のメンバーの中では小柄な体格。

細かい事を気にしない大らかな性格の持ち主だが、同時にスラム出身の少年兵特有のシビアな思考も同時に備える。 また自らが敵と認識した相手には一切の容赦はしないが、決して冷淡な人間ではなく、仲間と認めた相手に対して情深く礼節も弁える。 しかし、その一方で行動の決定権をオルガに強く依存しており、オルガが下した指示の内容に対しても深い詮索は行わない。ただし、自分の意志を持っていないと言う訳ではなくオルガへの信頼の表れである。

将来は農園を経営すると言う夢を持っており、その為とバルバトスの整備の手伝いをする為にクーデリア・藍那・バーンスタインから字の読み書きを習う事となる。

表情豊かではなく言葉数も多くないものの、発言自体は率直で、喜んで笑ったり軽口を言うシーンも見られる。殺人などの倫理的なタブー意識は周囲と比べても希薄だが、「自分のせいで参番組が死んだ」と語るクーデリアや「率いた仲間でなく自分が死ねば良かった」と語るノルバ・シノに「それは死んだ仲間に失礼」という旨を語るなど、自分なりの道理やルールはある様子。十分な働きができなかった際は落ち込み、親しい仲間が傷つけられた際は明らかな怒りを見せる。 老女の桜・プレッツェルをちゃん付けで呼び、自分に片思いしているアトラ・ミクスタの追及をごまかすために方便を使い、クーデリアには突然キスをするなどジゴロめいた言動もする。(一期前半でアトラに貰ったブレスレットを見せての「これがあるから」には「面倒だからごまかそう」というト書きがあるらしい)

一期半ば頃になると感情を殺した冷淡さが強調されていく。 第二期に入ると一層その傾向が強まるとともに、三日月の天才性も一層強調されるようになる。この冷淡さには脚本家の岡田麿里が、天才性には監督の長井龍雪の意向がより強く影響しているという。

岡田氏は一期半ばでは三日月を自分の動かしやすいキャラにしようと(恐らく「三日月が殺しに迷う展開」を)仕込んだが、それを監督に制止された後、カルタ死亡頃のガエリオ・ボードウィンを主人公的なキャラクターにしていったと語る。結果、三日月をより非情にヒール的に、ガエリオをより感情豊かで「主人公」や「白馬の王子様」と声優などが語る扱いに、という流れになったのだろう。 ちなみに、三日月の声優として一話から好演していた河西健吾の演技に岡田氏が初めて納得したのが、二期でMS戦闘中にハッシュを冷淡に蹴り飛ばして命を救う際の「邪魔」という一言だったという。三日月とハッシュの関係性や性格描写は制作陣の方針変更とも関わりが深く、例えばハッシュ・ミディが反抗的な言動の消失から三日月の介護係になっていく流れは、脚本側が二期の新人反抗エピソードを途中で没にして、ハッシュも死亡させようとしたが介護係として再利用した結果だという。そしてハッシュの孤児時代の兄貴分ビルスが、三日月の優秀さに対して阿頼耶識手術に失敗した自らを「産廃」と呼び自殺した回想エピソードも、そののち特にクローズアップされることはなかった。

戦闘力においては別格でライバルがおらず、モビルアーマー「ハシュマル」は自身の右半身不随と引き換えに単独で撃破、更にはそれまでの「モビルスーツは宇宙という極限環境で運用されるものだから丈夫にできているはずで、ビーム一発で沈むのはおかしい」というコンセプトを無視したような「ダインスレイヴ」の乱発によりモビルスーツ戦は事実上陳腐化。鉄華団のガンダム・フレーム機体は全てダインスレイヴにより致命的なダメージを受けた。それでも対モビルスーツ戦では最強を維持し続けたものの、最終的にはダインスレイヴの掃射により大破。大破しながらも一般兵士の機体を圧倒していたが、やがて限界がきてジュリエッタ・ジュリスにより打ち取られ、そのまま死亡したものと思われる。(ちなみに二期前までの案でも死亡予定であったがそれは雑兵の大群に削り殺されるというもので、その頃ではジュリエッタの首取りはもちろん、ダインスレイヴも存在しなかったのかもしれない。)

彼のみの特性としてガンダムバルバトスの「リミッター解除」が挙げられる。 何らかの理由によってリミッター解除が行われると、通常のモビルスーツはおろかガンダム・フレームでも圧倒する機体強化を得られる反面、その都度体の自由を失っていくという強烈なデメリットを負っている。 しかし前述の通りにハッシュやビルスといった阿頼耶識にこだわるキャラクターの役割消失と、そして二期でガエリオが用いるものとして設定された脳阿頼耶識システムの登場によって、重要度が軽減してしまった。

脳阿頼耶識とは「他者の脳を兵器利用することで、ハシュマルを単騎で倒した三日月と同等のMS操縦能力をノーリスクで得られる」というもので、使用者はシステムに操られるだけで最強格になれ、システム自体には後遺症もない。「大人がノーリスクで受けられる阿頼耶識システム」の登場で、子供が身を犠牲にして強さを得る阿頼耶識システムやそれに三回も耐えた三日月という特別性はほぼ失われる。なお初期案による一期は「ガエリオは子供しか適合しない阿頼耶識を施術されて不随になって死亡」だったそうで、もしかしたら元は阿頼耶識というシステムの掘り下げももっと行う予定だったのだろうか。 しかも三日月の特異な人間性を形成する上でのオルガとの過去も描写されず、対して敵対勢力であるところのガエリオ・ボードウィンマクギリス・ファリドが作中唯一の「ガンダム対決」を行って幼少からの過去も何段階もかけて描かれている。 ガンプラの宣伝映像ではガンダム・バルバトスルプス対;ガンダム・ヴィダールが大きく用いられたが成らずにハシュマル編が急遽挿入され、終盤でもガンダム・バルバトスルプスレクスガンダム・バエルだけが特別扱いで大きなスケールが用意されていたがバエルの扱いと釣り合わないことを鑑みると、何かしら大人の事情が関わっているのかもしれない。

結局のところ阿頼耶識とはが何であったのか、どうして発動するのか、そして行きつく「先」といった部分で明らかになることはなかった。ガンダムバエルとアグニカ・カイエルの伝承、ハシュマル、阿頼耶識TypeEといった断片をつなぎ合わせて答えを想像できる可能性もあるが、実際のところは語られておらず、「凄い三日月」もしくは「二期でのガエリオの勝利」を支えるだけのファクターになってしまった。 それでも三日月とバルバトスのキャラクター・メカ人気は鉄血作中においてはトップクラスではあるらしく、全ガンダム大投票でも(特殊な位置にあるオルガを除けば)鉄血内では群を抜いた実質一位となっている。



登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第一期
CGS所属時は、オルガ率いる参番組のモビルワーカーパイロットの1人であり、阿頼耶識を3度受けた影響もあってチームの中では一番の腕前を有していた。
しかし、クーデリアの護衛依頼に端を発したギャラルホルンとの抗争において、オルガ達の提案で基地の動力としてエイハブ・リアクターを利用していたガンダムバルバトスに搭乗。侵攻する敵をことごとく退けた。
その後、元参番組メンバー一同によって鉄華団が組織されると、改めて自身達に護衛を依頼するクーデリアを伴って地球への旅に向かっている。
道中で接触したテイワズとの提携が進む中、宗主マクマード・バリストンの意向によってバルバトスを大幅に強化して貰い、また鉄華団とタービンズが兄弟分となった折にも名瀬から漢字名を与えられている。
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第二期
第一期の最終盤、エドモントン市街での戦闘でグレイズ・アインを相手にガンダム・バルバトスのリミッターを解除して稼働させた反動から、左半身が不自由となってしまう。それでも不自由ながら日々農作業などをしながら過ごすもテイワズ内部の対立やギャラルホルンとの協力関係などの要因から各地で戦端が開かれ、三日月も戦場へと赴くことになる。モビルアーマー「ハシュマル」との総力戦では再びガンダム・バルバトスのリミッターを解除して下半身不随になり、日常生活に支障が出るほどにまで進行してしまう。鉄華団を取り巻く状況は悪化の一途をたどり、オルガ・イツカが暗殺されると、団員たちを逃がすために「俺たちの居場所」である鉄華団本部の防衛にあたる。絶対的不利な状況でありながら次々に敵機を撃破していくも、衛星軌道上からのダインスレイヴの掃射を受け機体は大破。最後はジュリエッタ・ジュリスによって打ち取られ、死亡。

人間関係[編集]

鉄華団[編集]

オルガ・イツカ
鉄華団のリーダー。三日月にとっては一番昔からの幼馴染にして行動の原動力でもある。
ビスケット・グリフォン
家族ぐるみで付き合っている大事な仲間の一人。
アトラ・ミクスタ
ダブルヒロインの一人で幼馴染。働かされていた店を飛び出し、空腹で途方に暮れていた彼女を三日月が馴染みの雑貨屋であるハバに紹介するなど世話を焼いたことで、一話前から好意を持たれている。二期では三日月の子供が欲しいと望まれて応じる。本作はダブルヒロイン制(初期案では四人)なのでどちらが正ヒロインとも言いがたいが、三日月にとっても大事な存在ではある様子。
昭弘・アルトランド
同じ鉄華団のMSパイロット。CGS時代からの実力者で、三日月もその実力を信頼している他、よく一緒にトレーニングに励んでいる。その為、低軌道ステーションではグレイズ改の操縦に慣れていないにも関わらず援護を任せるという無茶振りをかますが、昭弘はきっちり役目を果たした。
ユージン・セブンスターク
タカキ・ウノ
三日月を慕う少年。
ナディ・雪之丞・カッサパ
鉄華団のメカニック。参番組にも友好的だった為、CGS時代からメカニックとして信頼している。
ハッシュ・ミディ
エドモントン戦以降に鉄華団に入隊した新規参入組のパイロット。当初は三日月を強く意識していたが、地球で彼との実力差を見せつけられて以降は三日月に本気でついていくことを決めている。

火星[編集]

クーデリア・藍那・バーンスタイン
ダブルヒロインの一人で護衛対象。当初はきつい物言いをする事もあったが、後に仲間と認めたのか理想と現実の差を突きつけられた時に自分なりの励ましのアドバイスを送っている。一期で彼女から子供扱いのハグをされた際に三日月がお返しにキスをした。その頃から異性として意識されており、二期でもそのまま愛情を持たれている様子。
桜・プレッツェル
ビスケットとクッキー、クラッカ姉妹の祖母。怒った三日月を落ち着いて止められる女傑であり、三日月からも信頼されている。
クッキー・グリフォン;クラッカ・グリフォン
ビスケットの妹で双子。気軽な軽口や心配の言葉もかけられたりと慕われている。三日月側も二人があわや事故で傷つけられたかと思い込んだ際には本気の怒りを見せていたので、大事な相手ではあるようだ。

テイワズ[編集]

名瀬・タービン
ラフタ・フランクランド
タービンズとの戦闘の際に戦い、互角の勝負をした事から興味を持たれる。
マクマード・バリストン
テイワズの代表。三日月の事を気に入りバルバトスのオーバーホールをやらせている。

ギャラルホルン[編集]

マクギリス・ファリド
火星で諸事情から出会う事になる。その際にクッキーとクラッカにお詫びとしてチョコを上げた事から後に戦場で再会した時に「チョコレートの人」と呼んだ。また、基本的に敵対者に関心を払わない三日月をして「こいつは違う」と言わしめるほどの技量の持ち主として強く印象に残った様子。そのため、モンタークと名乗った際も正体を見抜き、グリムゲルデを駆って援護に駆け付けた時にも、その動きからすぐに見破った。
クランク・ゼント
ギャラルホルンのパイロット。殲滅対象であるCGSの隊員として敵対したバルバトスのパイロットが少年だと知り、三日月達を大人の犠牲になる子供として案じつつもギャラルホルンは裏切れずに決闘を申し込む。最後は三日月に敗北し重傷を負い、三日月に介錯を頼み銃を向ける三日月に感謝する……が、襲撃してきた敵の身で子供は戦うなと言いながらクーデリアを賭けた決闘や介錯を望むクランクに三日月は怒りをおぼえてもいるようで、感謝の言葉を最後まで語る前に引き金を引いて射殺している。
ガエリオ・ボードウィン
火星でビスケットの妹たちを轢きそうになり、カッとなって首に掴みかかった相手。後に戦場で再会した時にはマクギリスの隣にいた事から「チョコの隣の人」と呼んで交戦し、ほとんど相手にならずに三日月が勝利したことで強い対抗心と敵対心を抱かれる。再戦時には相手に名乗られたにもかかわらず「ガリガリ」と呼び、以後はそう呼ぶようになる。
アイン・ダルトン
ギャラルホルンのパイロット。クランクの仇である三日月や鉄華団に対して強い恨みを持つようになる。
カルタ・イシュー

その他[編集]

マルバ・アーケイ
クダル・カデル

名台詞[編集]

一期[編集]

「ねぇ。次は何をすれば良い? オルガ」
オルガへの信頼を表す言葉。一方のオルガからは三日月から寄せられる信頼に応えればならないと言うプレッシャーからオルガに対する呪いの言葉でもある。
「マジでやめてよ」
火星の情勢を知らずに不用意にやさしい言葉をかけるクーデリアに対しての一言。この時の三日月はクーデリアが世間知らずなこともあってとにかく辛辣。
「…その声、そういうアンタはチョコレートの隣の人か」
機体を拘束し投降を進めてきたガエリオに対しての台詞。この台詞からガエリオは視聴者からチョコレートの隣の人呼ばわりされることに。この時ガエリオは直後に名乗っているのだが…
「かわいいと思ったから。嫌だった?」
名瀬達のキスを見た後、自らハグしてきた後に一人でうろたえているクーデリアが「可愛いと思った」という理由だけでキスした際の台詞。
「…もう、フミタンじゃない」
フミタンの死後、死を認められずその場から離れないクーデリアに対して。フミタンの死を糧に彼らは先へ進むのだった…。
「そうだ…俺はその場所を見たい。お前はどうだ!?バルバトス!」
第19話「願いの重力」より。限界点を超え、機体が燃え尽きるのを覚悟で格闘戦を挑んできたグレイズリッターを沈めたものの、そのせいで既にバルバトスは仲間たちが乗るシャトルとはぐれてしまい、合流が不可能になっていた。機体は完全に地球の重力圏に捕まり、このままでは燃え尽きる。そんな時、三日月の脳裏に、幼き日にオルガと交わした言葉が過る。「俺達の本当の居場所。今まで見たことがないところに行こう」――瞬間、三日月の瞳に強烈な光が宿る。
生きんとする意志に満ちた契約者の叫びに、白き悪魔は応えた――。
「ここが俺達の場所なの?」
「ダメだよオルガ。オルガが連れてってくれる場所に付くために俺達は止まらない。止まれない。そう決めたんだ。」
「そう…あの日に…決まったんだ。」
「その為にはあと何人殺せばいい?どれだけ殺せばいいんだ?教えてくれオルガ。オルガ・イツカ」
ビスケットの死後、意気消沈としているオルガに向かっての激励。たとえ彼が死んだとしても自分達は止まるわけにはいかない。これまで死んでしまった仲間の為に。そして自分達の為に。そういった感情が爆発した瞬間だった。ヒイロ・ユイの名台詞と似ているが、あちらとは意味が真逆。
「そうだ…オルガが連れてってくれる場所にたどり着くためなら…なんだってやってやるよ」
「…誰そいつ?」
クランクの仇をとろうと突撃してきたグレイズ・アインに対して。ひどい台詞にも聞こえるが、ラスボス格との予断を許さぬ戦闘中でずっと前に一度きり聞いた名前をすぐに思い出すとなると当然ながら難しい。なおクランクという人物のことは覚えていたようで、察したのちは「あのおっさんは死にたがってたよ」と教えたものの、アインにとっては信じるに値しない事実だったようである。
「…おい、バルバトス…お前の力…全部よこせ。」
「まだだ…もっと…もっと寄越せ…バルバトス!」
アイン相手に苦戦した際、バルバトスへ語り掛けた言葉。同時にこれにこたえるように阿頼耶識を通じて情報量が三日月の中に流れていき、それに同調して三日月は片目の視力を失う。…悪魔はパイロットの一部を糧として、その者に強大な力を与えた。
「うるさいな…オルガの声が聞こえないだろ」
強大な力を持ってしても、純粋な阿頼耶識による力はそれよりも高く、一度は倒される事を覚悟した三日月…。しかし、オルガによる激励で目覚めたのだった。それに呼応するかのようにグレイズ・アインの反応速度をも超える力をもたらす悪魔。その後、やっとの事で太刀の使い方を知った三日月は、フレームごと腕部装甲を切り裂くという芸当を見せ、両腕を切断されたアインによる叫びを太刀でコックピットを突き刺して止めた後の台詞。

搭乗機体・関連機体[編集]

CGSモビルワーカー(地上型)
CGS時代の搭乗機で、白で塗装されている。
ガンダム・バルバトス
愛機。阿頼耶識システム対応施術を三度にわたって受けている三日月に合わせて調整されたため、三日月以外には扱えない事実上の専用機であり、三日月本人も愛着を持っている。因みに三日月が不在の際に別のパイロットがバルバトスの阿頼耶識を繋げた際、「バルバトスの阿頼耶識は三日月に合わせてあるんだ、おめぇなんかが乗れる機体じゃねぇぞ」と雪之丞のおやっさんが叱るシーンがある。
ガンダム・バルバトスルプス
バルバトスの改修機。エドモントンの決戦後に右目の視力と右腕の感覚を失った三日月の為に阿頼耶識の感度を引き上げてある。流線的なフォルムとなっている他、前腕部を伸ばしている為、原型機であるバルバトスのシルエットとは少しばかり離れている。ルプスとはラテン語の「狼」を意味する。
ガンダム・バルバトスルプスレクス
バルバトスルプスを更に改修した機体。両腕を大型化し、テイルブレード等を追加した為本来のバルバトスのシルエットとはかけ離れてしまった。レクスとはラテン語で「王」を意味する為、ルプスと合わせてマクギリスが作中にて「狼の王」と称している。
百錬
MSの操縦訓練で使用している。