CGSモビルワーカー (陸戦型)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
CGSモビルワーカー (陸戦型)
外国語表記 CGS Mobile Worker
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
デザイナー 寺岡賢司
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルワーカー
型式番号
  • TK-53
  • TK-53/c(指揮官機)
全高 3.5m
本体重量
  • 2.2t
  • 2.4t(指揮官機)
  • 3.2t(新型機)
主動力 水素エンジン
搭載システム 阿頼耶識システム
開発組織 CGS
所属 CGS鉄華団
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

CGSで運用されている主力モビルワーカー

他勢力のモビルワーカーに比べ旧式化しており性能も大幅に劣った機体となっているが、非合法な阿頼耶識システムを搭載しているため機動性は他勢力のモビルワーカーより高い。武装は機体両側に装備され、30mmマシンガンやミサイルランチャーを選択して装備する。バリエーションは通常型の他に2人乗りの指揮官機や60mm砲を装備した新型機が存在する他に、宇宙用にローラーをスラスターに換装し推進剤タンクを追加したCGSモビルワーカー (宇宙型)が存在する。

因みに三日月機は白、昭弘機は青、シノ機はピンクに塗装されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

阿頼耶識システム
ナノマシンを介してパイロットの脳神経と機体のコンピュータを繋げる有機操縦デバイスシステム。

武装・必殺攻撃[編集]

30mmマシンガン
機体両側に2門装備される火器。
ミサイルランチャー
30mmマシンガンとの選択式で装備されるミサイル。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

CGSモビルワーカー (宇宙型)
宇宙用の装備に改造した機体。
鉄華団新モビルワーカー
新たに鉄華団に配備された新型機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]