アイン・ダルトン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイン・ダルトン(Ein Dalton)[編集]

ギャラルホルン』火星支部に所属する若手のモビルスーツパイロット。
かつてガンダム・バルバトスとの戦闘によって、上官であるクランク・ゼントを失っており、彼への弔いとして鉄華団の追撃に志願する。

元は地球出身者の父と火星出身者の母の間に生まれたハーフであるが、その出自故に他の同僚たちからは差別に近い待遇と目で見られ続けていた。そんな彼を救ったクランクを容赦なく葬られたことから、鉄華団については殺意に等しい敵意を抱いている。
後に火星へ監査に赴いたセブンスターズのマクギリス・ファリドガエリオ・ボードウィンに追撃作戦への参加を志願。その旨を認められ、以後はガエリオの直属の部下として鉄華団との戦闘に臨んでいく。

新米パイロットながら操縦技術は中々高く、ガエリオから譲り受けたシュヴァルベ・グレイズは扱いの難しい機体であるにも関わらず乗りこなしており、素質の高さをうかがわせる。

しかし、地球軌道上での戦闘でガエリオの駆るガンダム・キマリスを庇って重傷を負い、結果として機械での延命なくして生きられない身体となってしまう。だが、後にマクギリスの進言と自身の意志で、阿頼耶識対応型の実験機グレイズ・アインと一体化した姿となって戦線復帰。その圧倒的な戦闘力で鉄華団に復讐の狼煙を上げた。

地球に降下したクーデリア・藍那・バーンスタインと鉄華団を追撃するためエドモントン市街へ投入され、鉄華団とタービンズのモビルスーツを次々に打ち破る圧倒的な戦闘力も見せるが、限界を超えてシステムを稼働させた三日月・オーガスとガンダム・バルバトスによってコックピットを貫かれ戦死。本来禁止されている「市街地でのエイハブ・リアクターの稼働」(エイハブ・ウェーブの干渉で通信や電気機器が停止してしまうため)と生体改造の産物である「阿頼耶識システムの使用」という2つの禁忌を犯した象徴としてギャラルホルンからは「暗部」と揶揄されその存在自体がタブー化してしまった。

だが彼の脳の一部はその後も密かに保管されており、後にヴィダールの駆るガンダム・ヴィダールに搭載された疑似阿頼耶識システム(阿頼耶識システムtype-E)の生体コアとして利用され、彼とともに戦場に立った。その性能はパイロットであるヴィダールへの負担を軽減しつつ、三日月・オーガスが徐々に体の自由を失っていくほどの出力と同等の性能を引き出すほど。


登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
初陣として上官であるクランク・ゼントオーリス・ステンジャと共にCGS基地襲撃作戦に参加するが、突然現れたガンダム・バルバトスによって勇み足を踏んだオーリスが死亡。クランクも後に単身で決闘に赴き、戦死する。
この頃から上官や同僚を次々に屠っていく鉄華団に対して尋常ならぬ執念を抱き始め、グレイズ・アインと一体化してからは肥大化した殺意で彼等を蹂躙していった。。

人間関係[編集]

ギャラルホルン[編集]

クランク・ゼント
新兵時代から目を掛けてくれていた上官。出自と周囲の軋轢で苦しんでいたアインにとって当時唯1人、信頼できる上司であったが、鉄華団との戦いで戦死。当時基地に残っていたアインは、彼の最期を看取る事さえも叶わなかった。
ガエリオ・ボードウィン
鉄華団の追撃を志願した際、新たに上官となった特務三佐。クランクと同じく彼の出自に頓着せず、いち部下として接してくれた好人物。
マクギリス・ファリド

鉄華団[編集]

三日月・オーガス
クランクを殺めた張本人。アイン自身は現場に立ち会っていないが、仇の1人として機体共々付け狙っている。
オルガ・イツカ
昭弘・アルトランド
クランクの遺品であるグレイズを奪ったパイロット(厳密には奪ったわけではないが)。
ノルバ・シノ
クランクの遺品であるグレイズ下品な色に染め上げた張本人。

火星[編集]

クーデリア・藍那・バーンスタイン

名台詞[編集]

「俺はあの少年達を討てればそれでいい……その機会をくれるなら、誰であろうとついていく――――――」
上官であったクランクを喪い、ボードウィン特務三佐の部下となった時の独り言。
「あんな厳格だったクランクさんの機体をこんな下品な色に…許せん!」
ドルトコロニー宙域での戦闘中、初めて流星号の姿を目の当たりにした際の台詞。現実に置き換えるなら「尊敬していた警察官の上司をチンピラに殺された上、奪われたパトカーは痛車に改造された」ようなものである。

搭乗機体・関連機体[編集]

グレイズ
初陣となったCGS襲撃時の搭乗機。当初は自身の経験不足と阿頼耶識、機体性能の差もあって、敵であるバルバトスに後れを取ることが多かった。
シュヴァルべ・グレイズ(アイン機)
ガエリオの部下として迎えられ、彼がガンダム・キマリスの投入を決めた際に譲り受けた機体。敵であるガンダム・グシオンリベイク流星号を相手に奮戦した。
グレイズ・アイン
半身を失い、機械と同化したアインが新たに受領した実験機。エドモントンでキマリスと共に出撃し、鉄華団を圧倒的な力で蹂躙する。