トリアイナ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トリアイナ
外国語表記 TRIAINA
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
デザイナー 篠原保
テンプレートを表示
スペック
分類 暗殺用カスタムモビルスーツ
型式番号 MPM02/AC
全高 18.5m
本体重量 32.8t
主動力 エイハブ・リアクター
装甲材質 ナノラミネートアーマー
フレーム テイワズフレーム
開発組織 タントテンポ
所属 タントテンポ
主なパイロット タントテンポ構成員
テンプレートを表示

概要[編集]

タントテンポモビルスーツ。機体名称はギリシャ語で「3つの歯」を意味する槍「トライデント (トリアイナ)」から引用されており、それを示すように機体の各所に3層のブレード状パーツを持つ。

本機のベースはテイワズフレームを持つ百練であり、要人暗殺任務に特化している。人を暗殺することを主任務としているため頭部のセンサーが増設されており、ハットのような形状となっている。また、機動力を活かした一撃離脱の暗殺を行うために、有重力下での運用を想定して装甲が軽量化されている。暗殺用に特化した機体のため、対モビルスーツ戦は攻撃力や防御力が不足しており得意ではない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
第1話で登場。ある人物の指示を受け、テッド・モルガトン暗殺のためにリゾートコロニー「アバランチ5」に侵入。テッドのいるコテージを攻撃し彼に致命傷を負わせた。その後、出現したガンダム・アスタロトと交戦の末、デモリッション・ナイフで脳天から胸部にかけて叩き切られ敗北。機密保持のためパイロットは拳銃自決している。

装備・機能[編集]

特殊機能 [編集]

増加センサーユニット
本機の特徴である、頭部に装着されたハット状のセンサーユニット。中央スリット内にスライド可動式のセンサーが計2基搭載されている。

武装・必殺攻撃[編集]

JEE-205 130mmアサルトライフル
ライフルカノンを改良した武装。大口径となり威力が増している。
専用マニアゴナイフ
両肩部アーマーの裏側に各1、計2振り収納されている折りたたみ式小型ナイフ。要人の暗殺を目的としているためMS用の装備としては小さい。名称は1380年から刃物の歴史が始まったイタリアの刃物の町「マニアゴ」に由来しているとされている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

百錬
ベース機。
デスフィズ
ハット状の頭部を持つMSという点で共通している。

商品情報[編集]

ムック [編集]

リンク[編集]