プロトジン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
プロトジン
外国語表記 Proto Ginn
登場作品 SEED MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
別名 プロトタイプジン
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 YMF-01B
主動力 バッテリー
開発組織 ザフト軍
所属 ザフト軍
テンプレートを表示

概要[編集]

ザフト軍が開発した試作型モビルスーツジンのプロトタイプである。

本機は史上初のモビルスーツの試作第1号「ザフト」を改良した機体であり、C.E.0067年に開発された。開発当初は「ジン」と呼称されていたが、本機の量産機であるジンが開発されると、本機は区別のために名称にプロトと付けられている。ジンとは機体全体の細かい形状が異なる他、大きく異なる点はトサカ状のセンサーがないことや、モノアイレールに支柱があることである。分類は試作機であるが、相当数が量産されており、軍事行動や練習に使用された。民間にも払い下げられており、重機として運用されている。ちなみにOSは当然コーディネイター用であるが、ナチュラルでも素早い動きはできないものの使用することは可能である。

登場作品と操縦者[編集]

SEED MSV
出典元。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

MA-M3 重斬刀
西洋の騎士が使用しているような形状の実体剣。重さで叩き切る武器で、高い切断力を誇る。非使用時にはサイドアーマーにマウント可能。
MMI-M8A3 76mm重突撃機銃
高い連射性を持つ射撃武装。セミオート射撃も可能であり、高い命中率を誇る。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジン
本機を元に量産された機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]