テイワズ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

テイワズ(Teiwazu)[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場する巨大複合企業。「テイワズ」の名称は北欧神話の軍神テュールの別名に由来している。

大型惑星間巡航船「歳星」を拠点として、タービンズを初めとする下部組織を束ねている。治安の悪い環境で成長したためか、表向きは法に触れない事業でありながら、マフィアとしての性格が強めとなっている。小惑星の開発や運送を担っているが、自衛するために独自にモビルスーツの開発も行っている。エイハブ・リアクターの製造こそできないものの、厄祭戦時代の設計図を元に開発しているためギャラルホルンに次ぐ技術力を保有している。多大な影響力を持つためギャラルホルンも簡単に手が出せないとされている。マフィアと言われているが、組織内の風習は日本のヤクザに近い。

規模[編集]

木星圏を中心とする。

知名度[編集]

地球圏では一企業、圏外圏では一大勢力。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

構成員[編集]

マクマード・バリストン
代表。
ジャスレイ・ドノミコルス
専務取締役。JPTトラストを経営している。
名瀬・タービン
輸送部門を担当する下部組織『タービンズ』の代表。後に参入した鉄華団の後見人も兼ねる。
メリビット・ステープルトン
銀行部門勤務。鉄華団に派遣されている。
歳星整備長
整備士。鉄華団のガンダム・フレームのオーバーホールを行っている。

開発・製造機体[編集]

テイワズ・フレーム[編集]

イオ・フレーム[編集]

関連組織[編集]

タービンズ
輸送部門担当。一度解散するも再開している。
エウロ・エレクトロニクス
重工業部門担当。モビルスーツの開発を担当している。
JPTトラスト
商業部門担当。鉄華団により壊滅した。
鉄華団
ハーフメタル開発、警備事業等を担当。最終的に消滅した。
タントテンポ
同業者。取引相手でもある。

リンク[編集]