ダウネス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダウネス(Daunes)[編集]

A.G.141年時においてヴェイガンが移動司令部として投入した超大型移動要塞。カラーリングはダークグリーン。
上下にアームらしき物が設置されていて、ここに巨大母艦を係留させておく事が出来る。また、防御用に「ギガンテスの盾」を搭載している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第二部)
ゼハート・ガレット率いるヴェイガン地球攻撃部隊の移動司令部として運用されている。
ノートラム攻防戦では大部隊を率いて侵攻を開始。しかしフリット・アスノガンダムAGE-1が発射したゼフルドランチャーによってスラスターを破損した上、フレデリック・アルグレアスによるディーヴァのフォトンブラスターキャノンを使った戦法等で制御不能となり、地球への落下直前にアセム・アスノとゼハートの手で機関部をコロニーデストロイヤーにて爆破されてそれにより本体も爆散し破片は大気圏で燃え尽きた。その際、破片に紛れてメデル・ザントらがカプセルで地球に降下している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ギガンテスの盾
敵の攻撃を防ぐ為に搭載された干渉スクリーン。凄まじい防御力を持ち、地球連邦軍の決戦兵器「フォトンリング・レイ」すらも防ぎきる。しかし前方にしか展開できず、攻撃を受けるであろう方向に回頭させなければならないという欠点がある。
カプセル
脱出用の装備。大気圏突入も可能。

武装・必殺攻撃[編集]

対空ビーム砲

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]