ファンフェルト・リア・リンゼイ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファンフェルト・リア・リンゼイ(Fanfelt Rear Lindsay)[編集]

オーブ軍MSパイロットで、コードは「パンサー2」。下級氏族の出身である。
自らを「オーブの騎士」と称するプライドの高い男。ウェーブがかかった金髪の青年。皮肉屋の一面も持つ。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ΔASTRAY
スウェン・カル・バヤンの指揮下に入り、マーシャンの追撃任務に就く。ワイドと共にデルタアストレイを挟み撃ちにしようとするものの、ワイドの策略によりデルタアストレイに撃墜された。
奇跡的に命は助かったものの、顔や身体の周りが醜く焼け爛れ、片手には火傷を隠すために黒い手袋を着用している。また、生体CPUとして心身ともに調整され、マーシャン達への憎悪によりとても騎士とは呼べない程性格が豹変している(彼が撃墜されたのは当然ワイドにも非が有るのだが)。ファントムペイン所属になってからは新たにデストロイガンダムに搭乗し、同じく生き残ったワイド、サースと共にアグニス達と再戦。しかし、ターンデルタのビームサーベルでデストロイのコクピットを貫かれ、戦死した。

人間関係[編集]

ワイド・ラビ・ナダガ
チームメイト。ツーマンセルを組むも、彼の策略で撃墜される。
サース・セム・イーリア
チームメイト。自分と同じくマーシャンへの深い憎しみを抱いている事を感じ、マーシャン達への復讐を呼びかける(憎しみの中身は大分違うが)。
ホースキン・ジラ・サカト
チームメイト。
ガルド・デル・ホクハ
チームメイト。
スウェン・カル・バヤン
指揮官。実は五人全員とも「予備ストライカーの運び役」という役割であった。

名台詞[編集]

「いいねぇーーー!お前にも同じ傷をつけてやるよ!マーシャン!!!」
ターンデルタとの交戦時の台詞。衝動に任せて砲撃を加える姿からは、最早以前の彼を連想できない。

搭乗機体・関連機体[編集]

105スローターダガー
エールストライカーを装備した機体に搭乗。
デストロイガンダム
生体CPUとなってからはこちら。実質的に後継機のかませであった。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]