メイジン・カワグチ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

メイジン・カワグチ(Meijin Kawaguchi)[編集]

メイジン・カワグチとは、ガンダムビルドファイターズに搭乗する3人の人物を表す。共通するのは「ガンプラに精通している、即ち『ガンプラの名人』である事」

初代メイジン・カワグチ[編集]

ガンプラブームの黎明期に彗星のように現れた、孤高のプラモデル製作者。
その名前が半世紀後のガンダムビルドファイターズ本編世界でも引き継がれていることから、今尚多くの賞賛と敬愛を受けていることが分かる。

モデルは「ガンプラの生みの親」と称される、バンダイの川口克己氏(通称:川口名人)である。

二代目メイジン・カワグチ[編集]

初代の後を継ぎ「メイジン」の称号を襲名した人物。ガンプラバトルブームの黎明期に現れた。
ガンプラ製作やバトルの実力、そしてガンプラ塾などを通じたガンプラ界への貢献には文句のつけようがないものの、その極端な勝利至上主義は賛否両論の評価を受けている。

病床に伏せたことを切欠に、メイジンの名前を三代目に譲り渡すこととなった。

三代目メイジン・カワグチ[編集]

ユウキ・タツヤを参照。

登場作品と役柄[編集]

ガンダムビルドファイターズ
二度も襲名を繰り返していることから、「メイジン・カワグチ」は最早只の人物名ではなく、ガンプラに精通する者を指す一種の概念とも言えるのかもしれない。

人間関係[編集]

主に二代目メイジンに関係のある人物を紹介する。三代目についてはこちらで。

ユウキ・タツヤ
ガンプラ塾の生徒。ガンプラを楽しむことが目的である彼には、勝利至上主義は受け入れてもらえなかった。
アラン・アダムス
ガンプラ塾の生徒。直接的な描写は無いものの、タツヤとの会話からは三代目寄りの思想であることが覗える。
ジュリアン・マッケンジー
ガンプラ塾の生徒。タツヤと同じく二代目メイジンの思想を受け付けず、一時はガンプラから離れるほどだった。
イオリ・タケシ
ガンプラへのスタンスやガンプラ普及のための行動など、ガンプラの製作とバトルの能力以外のありとあらゆる面で対極に位置する人物。
マシタ
PPSE社の会長。二代目の勝利至上主義への傾倒に関与した可能性を示唆する会話が本編中にある。
レナート兄弟
二代目メイジンの勝利至上主義の信奉者。三代目となったタツヤの姿勢はメイジンに相応しくないと発言している。


搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダム
初代メイジンのモデルである川口克己氏がガンダムのプラモデルをフルスクラッチで製作し、それが回り回ってガンプラブームに火が付いた。

リンク[編集]