ヤジマ・キャロライン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤジマ・キャロライン(Yajima Kyarorain)[編集]

国内の大手企業(トライでは世界クラスの巨大企業)であるヤジマ商事の社長令嬢。中学生だが高飛車で我儘な性格をしており、強い上昇思考の持ち主。 同年代であるコウサカ・チナに強い対抗意識を燃やしており、美術コンテストで破れたことで彼女にガンプラバトルで挑むことになる。 父の会社とスポンサー契約しているニルス・ニールセンとはガンプラを通じて知り合い、世界大会に入ってからは知らないうちに彼氏、婚約者と勝手に関係を格上げしてしまっている。

登場作品と役柄[編集]

ガンダムビルドファイターズ
自身が最優秀の金賞を取ったにもかかわらず、その隣で特別審査員賞を貰ってしまったチナ。彼女に一泡吹かせるため、ガンプラバトルを仕掛ける。

チナのベアッガイⅢに対してキャロラインはニルスの協力を得て完成させた騎士ガンダムで挑戦するも、あえなく敗れてしまった。 世界大会においては、本選に駒を進めたニルスの応援のために駆け付け、彼がセイレイジに敗れてからも快く迎えてくれていた。 最終決戦直前、ニルスと共にプラフスキー粒子の元となる大型アリスタを発見するも、ベイカーによって2人揃って拘束されてしまう。しかし直後に執事セバスチャンに助けられ、終盤ではニルスと共に大型結晶体の破壊に参戦するという躍進を遂げた。 世界大会後は本当の恋仲となったニルスと共に独自にプラフスキー粒子の生成に成功している。

人間関係[編集]

ニルス・ニールセン
コウサカ・チナ

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

騎士ガンダム