「アグリッサ」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集
 
(同じ利用者による、間の3版が非表示)
1行目: 1行目:
== AEU-MA07013 アグリッサ(Agrissa) ==
+
{{登場メカ概要
 +
| 読み = <!-- 読み方が難しい場合に使用 -->
 +
| 外国語表記 = Agrissa
 +
| 登場作品 = [[機動戦士ガンダム00]](1stシーズン)
 +
| デザイナー =福地仁
 +
}}<!-- 必要に応じて追加をお願いします。 -->
  
*登場作品:[[機動戦士ガンダム00]]
+
{{登場メカ概要
*デザイナー:福地仁
+
| タイトル = スペック
*分類:[[モビルアーマー]][[バディクラフト]]
+
| 分類 = [[モビルアーマー]]([[バディクラフト]])
*装甲材質:[[Eカーボン]]
+
| 型式番号 = AEU-MA07013
*全高:不明
+
| 装甲材質 = [[Eカーボン]]
*本体重量:不明
+
| 開発組織 = [[AEU]]
<!-- *全備重量: -->
+
| 主なパイロット = [[アリー・アル・サーシェス]]
*主動力:不明
+
}}<!-- 必要に応じて追加をお願いします。 -->
*出力:不明
 
*開発組織:[[AEU]]
 
*主なパイロット:[[アリー・アル・サーシェス]]
 
  
第五次太陽光紛争時に[[AEU]]が開発した[[モビルアーマー]]。「[[バディクラフト]]」の一種である。<br />かなりの大型で、下部に6基のクローを備える。また、プラズマフィールドが使用可能で、これに対応する為に機体表面は特殊な塗装が施されている。<br />基本的には[[モビルスーツ]]1機と合体する事で運用されるが、本機のみでも運用は可能である。
+
== 概要 ==
 +
 
 +
第五次太陽光紛争時に[[AEU]]が開発した「[[バディクラフト]]」の一種である大型[[モビルアーマー]]。『00』作中に登場する機体はタイプ13と呼ばれる型である。
 +
 
 +
先行生産型の[[アグリッサ タイプ7|タイプ7]]から各部が変更されており、機体全体が角ばったフォルムになり、下部のクローも6基に増加、先端も鋭利な形状になっている。また、プラズマフィールドも使用可能で、これに対応する為に機体表面は特殊な塗装が施されている。
 +
 
 +
基本的には[[モビルスーツ]]1機と合体する事で運用されるが、本機のみでも運用は可能である。
  
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
== 登場作品と操縦者 ==
43行目: 51行目:
 
== 関連機体 ==
 
== 関連機体 ==
 
;[[アグリッサ タイプ7]]
 
;[[アグリッサ タイプ7]]
:第5次太陽光紛争時に生産された先行生産型。
+
:第5次太陽光紛争時に先行生産された型。
 
;[[サーシェス専用AEUイナクトカスタム (アグリッサ型)]]
 
;[[サーシェス専用AEUイナクトカスタム (アグリッサ型)]]
 
:劇中でドッキングした機体。
 
:劇中でドッキングした機体。
49行目: 57行目:
 
== 商品情報 ==
 
== 商品情報 ==
 
<!-- *<amazon>B0002U3GEU</amazon> -->
 
<!-- *<amazon>B0002U3GEU</amazon> -->
 
== 話題まとめ ==
 
<!-- *[[namazu:アグリッサ]] (全文検索結果) -->
 
  
 
== 資料リンク ==
 
== 資料リンク ==
<!-- *[[一覧:アグリッサ]] -->
+
*[http://www.gundam00.net/tv/ms/09f.html 『機動戦士ガンダム00』公式サイト:アグリッサ]
  
 
== リンク ==
 
== リンク ==

2020年3月23日 (月) 20:13時点における最新版

アグリッサ
外国語表記 Agrissa
登場作品 機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
デザイナー 福地仁
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルアーマー(バディクラフト)
型式番号 AEU-MA07013
装甲材質 Eカーボン
開発組織 AEU
主なパイロット アリー・アル・サーシェス
テンプレートを表示

概要[編集]

第五次太陽光紛争時にAEUが開発した「バディクラフト」の一種である大型モビルアーマー。『00』作中に登場する機体はタイプ13と呼ばれる型である。

先行生産型のタイプ7から各部が変更されており、機体全体が角ばったフォルムになり、下部のクローも6基に増加、先端も鋭利な形状になっている。また、プラズマフィールドも使用可能で、これに対応する為に機体表面は特殊な塗装が施されている。

基本的にはモビルスーツ1機と合体する事で運用されるが、本機のみでも運用は可能である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
パイロットはアリー・アル・サーシェス
タクラマカン砂漠内での鹵獲作戦にて、イナクトカスタムと合体させて運用し、刹那・F・セイエイエクシアを鹵獲寸前まで追い詰めた。しかし、直後にガンダムスローネドライの攻撃で大破し、サーシェスはイナクトカスタムを分離させる事で脱出・離脱している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

プラズマフィールド
6基のクローからプラズマによるフィールドを展開する。これによって敵機を破壊する事無く鹵獲が可能。
合体
モビルスーツ1機と合体可能。
分離
合体したモビルスーツと分離する。

武装・必殺攻撃[編集]

プラズマキャノン
機首部に1門内蔵されている。
クロー
機体の下部に6基装備。脚部としても機能する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アグリッサ タイプ7
第5次太陽光紛争時に先行生産された型。
サーシェス専用AEUイナクトカスタム (アグリッサ型)
劇中でドッキングした機体。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]