エレゴレラ

提供: ガンダムWiki
2020年7月4日 (土) 11:17時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版 (→‎登場作品と操縦者)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレゴレラ
外国語表記 Elegolea
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム
デザイナー
  • 長谷川裕一
  • 海老川兼武 (原案)
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルアーマー
型式番号 EMA-06
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星帝国
所属 木星帝国
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

木星帝国の開発した試作型可変モビルアーマーモビルスーツ形態への変形機構を持つ、木星戦役時点の木星系技術の集大成とも言える機体である。

エレファンテからの技術を応用したフレキシブル・テール・キャノンを装備し、MS形態に変形する事で接近戦でも高い戦闘力を見せるバランスの良い機体である。本来はニュータイプパイロット用に試作された物だが、その機体バランスを買われ、完全自動操縦機の実験機として採用されている。この自動操縦装置は表向きには完全なブラックボックスとされているが、その実態はクラックス・ドゥガチバイオ脳によるものである。

MS形態への変形は腕部を展開し、上半身を90度回転する事で行われる。なお、MA形態ではマニピュレータが格納される為、携行武装のマウントは不可能。MS形態で使用する武器は随伴機が携行し、変形に伴って受け渡しを行う必要がある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
第4巻第5話から登場。海賊討伐のプロパガンダとしてテテニス・ドゥガチをパイロットに出撃したが、実際の操縦はクラックス・ドゥガチのバイオ脳が行ない、味方機への指示はテテニスの合成映像を用いて行った。木星帝国ニュータイプ部隊と共に宇宙海賊クロスボーン・バンガードと交戦しようとするが、突如クロスボーン・ガンダムX3が強襲し戦闘になる。テテニスを人質として利用する事で戦闘を有利に進めるが、ムラマサ・ブラスターの押し合いでパワー負けし、コクピットブロックを奪い取られた上で撃破された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルスーツ形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

大型メガ・ビーム砲
モビルスーツ形態の左肩、モビルアーマー形態の機首に内蔵されている3連装メガ粒子砲。通常時は顎状のカバーで覆われており、この部分を延長することで打突武器としても使用出来る。
フレキシブル・テール・キャノン
機体後部に装備されているビーム砲。エレファンテの技術を応用した武装であらゆる方向に射撃可能な他、先端のクローによる格闘も可能。
ヒート・ナギナタ
大型の薙刀状の武装。本機にマウントする為のラッチが無い為、MA形態では随伴機による受け渡しが必要となる。『クロボン』作中では随伴するディオナが携行している。
ムラマサ・ブラスター
クロスボーン・ガンダムX3から奪って使用。この際に装備を解析し、セーフティを解除し使用可能にしている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

エレファンテ
この機体の技術が応用されている。
ディビニダド
本機と同じくクラックス・ドゥガチバイオ脳が操縦する機体。

余談[編集]

  • 本機のデザイン原案は、後に『00』『AGE』等のガンダムシリーズでメカニックデザインを手掛ける海老川兼武氏が学生時代に描いた物で、月刊少年エース誌上で行われたMSコンテストに投稿し入賞した事で晴れて同氏のデビュー作となった。
    • 木星帝国所属機の機体名は基本的にスペイン語由来のものだが、本機については海老川兼武氏による造語であり、新装版『クロボン』第4巻の巻末インタビューにてエレファンテの「エレ」を加えて命名した事を明らかにしている。

リンク[編集]