「プロトタイプスコーピオ」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集
 
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
23行目: 23行目:
 
| 開発組織 = [[OZ]]
 
| 開発組織 = [[OZ]]
 
| 製造 = [[ガリアレスト]]
 
| 製造 = [[ガリアレスト]]
| 所属組織 = [[OZ]][[ホワイトファング]]
+
| 所属組織 = [[OZ]] [[ホワイトファング]] (奪取)
 
| 所属部隊 =  
 
| 所属部隊 =  
 
| 母艦 =  
 
| 母艦 =  
| 主なパイロット = [[モビルドール|MDシステム]]
+
| 主なパイロット =  
 +
*無人 ([[モビルドール|MDシステム]]搭載機)
 +
*[[ロッシェ・ナトゥーノ]] (有人機)
 
}}<!-- 必要に応じて追加をお願いします。 -->
 
}}<!-- 必要に応じて追加をお願いします。 -->
  
32行目: 34行目:
 
[[OZ]]が開発した拠点防衛用MD[[スコーピオ]]のプロトタイプ。
 
[[OZ]]が開発した拠点防衛用MD[[スコーピオ]]のプロトタイプ。
  
機体形状はスコーピオと同じであるが、背部にビーム砲のエネルギー供給源も兼ねた自律制御用ユニットが装備されている。カラーリングは完成した機体とは異なり白を主体したものとなっている。
+
機体形状はスコーピオと同じであるが、背部にビーム砲のエネルギー供給源も兼ねた自律制御用ユニットが装備されている。カラーリングは完成した機体とは異なり白を主体としたものとなっている。
  
 
拠点に接近した敵機をディフェンサーネットで一定時間拘束し、その間にビーム砲をチャージし敵機を破壊する運用プランはまさにサソリそのものであった。
 
拠点に接近した敵機をディフェンサーネットで一定時間拘束し、その間にビーム砲をチャージし敵機を破壊する運用プランはまさにサソリそのものであった。
  
問題があり正式採用されず、ガリアレスト内の格納庫に保管されていたが、[[ホワイトファング]]によってガリアレストが占拠された際、彼らの戦力として運用された。
+
問題があり正式採用されず、ガリアレスト内の格納庫に保管されていたが、[[ホワイトファング]]によってガリアレストが占拠された際、彼らの戦力として運用された。一度はアディン達を苦戦させる戦闘力を見せたが、再戦時に背部のMDシステムを破壊され沈黙した。
  
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
;[[新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト]]
 
;[[新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト]]
:[[ドルニエ・ナバーロ]]の指示により急遽実戦投入され、ガリアレストに入港しようとしたアディン達と交戦。接近戦を仕掛けた[[ガンダムL.O.ブースター]]を中破させた。
+
:第4話で初登場。[[ドルニエ・ナバーロ]]の指示により急遽実戦投入され、ガリアレストに入港しようとしたアディン達と交戦。接近戦を仕掛けた[[ガンダムL.O.ブースター]]を中破させ、アディン達を撤退に追い込んだ。その後、ガリアレスト奪還作戦を展開するアディン達と再戦し、[[ガンダムグリープ]]と[[ガンダムカスター]]の連携攻撃の前に背部のMDシステムを破壊され沈黙した。
  
 
== 装備・機能 ==
 
== 装備・機能 ==
 
=== 特殊機能 ===
 
=== 特殊機能 ===
 
;[[モビルドール|MDシステム]]
 
;[[モビルドール|MDシステム]]
:
+
:モビルスーツの自律行動を可能とするシステム。本機の場合、外部ユニットとして背部に装着している。
;ディフェンサーネット
 
:[[プラネイトディフェンサー]]を用いて目標を拘束する電磁兵器。
 
  
 
=== 武装・必殺攻撃 ===
 
=== 武装・必殺攻撃 ===
 
;ビーム砲
 
;ビーム砲
:戦艦クラスの威力を持つ手持ち式の大型ビーム兵器。射撃する際は背部ユニットからエネルギーをチャージする必要がある。
+
:戦艦クラスの威力を持つ手持ち式の大型ビーム兵器。射撃する際は背部ユニットからエネルギーをチャージする必要がある。また、砲身の下部にはディフェンサーネット内蔵のグレネード弾発射器が1門搭載されている。
 +
:;ディフェンサーネット
 +
::[[プラネイトディフェンサー]]を用いて目標を拘束する電磁兵器。
 
;マイクロミサイル
 
;マイクロミサイル
 
:両肩に10基ずつ装備。
 
:両肩に10基ずつ装備。
72行目: 74行目:
 
<references />  
 
<references />  
  
{{DEFAULTSORT:ふろとたいふすこーひお}}
+
{{DEFAULTSORT:ふろとたいふすこおひお}}
 
[[Category:登場メカは行]]
 
[[Category:登場メカは行]]
 
[[Category:新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト]]
 
[[Category:新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト]]

2020年1月13日 (月) 15:59時点における最新版

プロトタイプスコーピオ
外国語表記 PROTOTYPE SCORPIO
登場作品 新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
愛称 番犬
分類 拠点防衛用試作型モビルドール
型式番号 OZ-16MSX-06X
装甲材質 ガンダニュウム合金
開発組織 OZ
製造 ガリアレスト
所属組織 OZホワイトファング (奪取)
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

OZが開発した拠点防衛用MDスコーピオのプロトタイプ。

機体形状はスコーピオと同じであるが、背部にビーム砲のエネルギー供給源も兼ねた自律制御用ユニットが装備されている。カラーリングは完成した機体とは異なり白を主体としたものとなっている。

拠点に接近した敵機をディフェンサーネットで一定時間拘束し、その間にビーム砲をチャージし敵機を破壊する運用プランはまさにサソリそのものであった。

問題があり正式採用されず、ガリアレスト内の格納庫に保管されていたが、ホワイトファングによってガリアレストが占拠された際、彼らの戦力として運用された。一度はアディン達を苦戦させる戦闘力を見せたが、再戦時に背部のMDシステムを破壊され沈黙した。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト
第4話で初登場。ドルニエ・ナバーロの指示により急遽実戦投入され、ガリアレストに入港しようとしたアディン達と交戦。接近戦を仕掛けたガンダムL.O.ブースターを中破させ、アディン達を撤退に追い込んだ。その後、ガリアレスト奪還作戦を展開するアディン達と再戦し、ガンダムグリープガンダムカスターの連携攻撃の前に背部のMDシステムを破壊され沈黙した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

MDシステム
モビルスーツの自律行動を可能とするシステム。本機の場合、外部ユニットとして背部に装着している。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム砲
戦艦クラスの威力を持つ手持ち式の大型ビーム兵器。射撃する際は背部ユニットからエネルギーをチャージする必要がある。また、砲身の下部にはディフェンサーネット内蔵のグレネード弾発射器が1門搭載されている。
ディフェンサーネット
プラネイトディフェンサーを用いて目標を拘束する電磁兵器。
マイクロミサイル
両肩に10基ずつ装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

スコーピオ
完成機。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]